click to go to homepage
ロウリー

バイオグラフィー

左足から放たれる強烈なシュートにより“ガナー”(射撃手)と呼ばれたジャック・ローリーは、マット・バスビー監督の指導が実を結んだ戦後のユナイテッドで、チームに栄光をもたらした。

全盛期には、同じくゴールを量産した弟のアーサーとともに、空中戦にも足技にもすぐれた、イングランドを代表するストライカーの1人として活躍した。 ローリーは、生まれ故郷のクラブのウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズとボーンマス&ボスコム・アスレティックでプレーしたあと(ボーンマスでは11試合で10ゴールを決めた)、1937年に3000ポンドで ユナイテッドに加入した。 ユナイテッドの最初のフルシーズンでは、チームをディビジョン2の2位に導き、31年以来となるトップリーグ昇格に貢献した。 第二次大戦中は公式のリーグ戦が中止になり、ローリーは南スタッフォードシャー連隊に従軍し、44年のノルマンディー上陸作戦に加わった。また、戦争中に行われたウルヴス、オルダーショット、ベルファスト・ディスティラリー、フォークストーン、シュルーズベリー・タウン、トッテナム・ホットスパーとの試合にも、ゲスト参加した。 46年にリーグが再開されると、ローリーは再びユナイテッドでプレーするようになった。48年のブラックプールとのFAカップ決勝では、前線の“フェイマス・ファイブ”の一員として活躍し、チームを4-2の勝利に導く2ゴールを決め、優勝に貢献した。 52年には、スコットランド人の小柄なベテラン選手ジミー・デラニーとコンビを組み、ローリーはリーグ戦で30ゴールを決め、ユナイテッドを1911年以来となるファースト・ディビジョンの優勝に導いた。 ユナイテッドで通算503試合に出場して312ゴールを決めたあと(イングランド代表でも6試合でプレーして6ゴールをマークした)、プリマス・アーガイルに選手兼任監督として移籍し、そ の2年後の57年に引退した。 その後、さまざまなクラブで監督や管理職を務めたあと、69年12月に指導者としての道を退き、オールドハムのショー地区で日用雑貨店を営んだ。

省略を読む About ジャック ローリー
  • ポジション

    フォワード

  • English

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v シェフィールド・ウェンズデー(H)リーグ

  • 退団

最新

また

マタ「忘れられない夜になる」 Article

マタがアカデミー生について、そして古巣バレンシアについて話した

モウリーニョ

「先発はスター選手たち」 Article

バレンシア戦に挑むチームについてモウリーニョが話した

若手

U19の2人にデビューの可能性? Article

U19の若手2人がシニアチームのトレーニングに参加

ダロト

ヤングがダロト活躍の理由を語る Article

アシュリー・ヤングが、ここ2試合で好パフォーマンスを披露したダロトを称えた。

マタ

特別な2日間に興奮するマタ Article

マタがブログを更新。フルアム戦、そして古巣バレンシア戦について綴った。

ルカク

復調の要因は食生活の変化 Article

食生活を変え、練習方法を変え、ルカクが得点力を取り戻した。

ポグバ

ポグバはバレンシア戦で先発出場 Article

モウリーニョ監督が、バレンシア戦でポグバを先発として使うことを明言した。

ダロト

ダロトを称賛 Article

フルアム戦のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたダロトの才能を称賛。

ダロト

勝利に貢献したダロト Article

マン・オブ・ザ・マッチに選出されたダロトのパフォーマンスを振り返る。

監督

フルアム戦を総括 Article

モウリーニョ監督が4-1で勝利したフルアム戦を振り返った。

フレッジ

フレッジを起用していない理由を説明 Article

フレッジはプレミアリーグ直近4試合続けて出場していない。

監督

フルアム戦直前チーム情報 Article

負傷者に関する情報を、モウリーニョ監督が明かした。

スモーリング

スモーリング「もう1点取れていた」 Article

クリス・スモーリングが2-2で引き分けたアーセナル戦を振り返った

監督

「素晴らしい姿勢だった」 Article

モウリーニョ監督が2-2のドローに終わったホームでのアーセナル戦を振り返った。

ジョゼ

「トップ4入りに奇跡は必要ない」 Article

トップ4の実現に奇跡は必要ないとモウリーニョは話した

もっと見る