click to go to homepage
フィルターリスト

バイオグラフィー

ジョエル・カストロ・ペレイラは、クラブアカデミーでのトライアル期間を経て、2012年の夏マンチェスター・ユナイテッドに加入した。それ以降、彼のキャリアは上昇の一途をたどっている。

才能に恵まれ、気概に溢れる人気者については、同胞のジョゼ・モウリーニョ監督が将来的にポルトガル代表GKになると太鼓判を押すほど。 現在のペレイラは、計り知れないほどの才能を、さらに伸ばすことだけに集中している。ユナイテッドのサードGKとして、ダビド・デ・ヘア、セルヒオ・ロメロとAonトレーニング・コンプレックスで切磋琢磨している3人は、素晴らしい関係性を構築している。 長身のペレイラは、現在までに豊富な経験を積んでいる。2015-16シーズンのU-21優勝はハイライトの一つで、2016年のトゥーロン国際大会ではベストGKに選出された。また、同大会の3位決定戦ではPKを決めている! フットボールリーグのロッチデール・タウンへの期限付き移籍も成長を後押ししたものの、2016-17シーズンにポルトガルのべレネンセスへの期限付き移籍が彼にもたらしたものは大きかった。この時の成功により、モウリーニョ監督が2017年1月にペレイラを呼び戻し、ファーストチームに昇格させた。 レディングとのFAカップ戦のベンチメンバーに加わると、ウィガン・アスレティックと対戦した同カップの次ラウンドでシニアデビューを果たす。 厳しいポジション争いの中、17-18シーズンの出場は1試合に止まったが、今後も出場回数を重ねていくことだろう。 そのポテンシャルもさることながら、フットボールに取り組む姿勢もクラブ内で高く評価されている。本人は「周りには、フットボール選手として、人として良いイメージを持ってもらいたい。自分が望むのはそれだけだよ!」と抱負を語る。

省略を読む About ジョエル ペレイラ
  • ポジション

    ゴールキーパー

  • ポルトガル

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    vウィガン(H)

世界最高の監督が自信を与えてくれる   最高の気分にしかならない

最新

Joel Pereira
ジョエル・ペレイラ 言う

「ツアーはとても貴重な経験だ。その瞬間を楽しんで、自分を証明する機会だととらえることが必要だ」

ジョゼ

ツアー2018初戦まで1ヶ月 Article

W杯が盛り上がっているが、マンチェスター・ユナイテッドのプレシーズンツアーも着々と迫っている