click to go to homepage
Michael Carrick

バイオグラフィー

マイケル・キャリックは、2017-18シーズン終了後に現役引退を決断した。現代のフットボールにおいても傑出したキャリアに幕を降ろした。

中盤の底を支えたキャリックは、2017年の夏にウェイン・ルーニーが退団後、マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンに就任。その前には、クラブが彼の顕彰試合を開催した。 キャリックは、2006年にトッテナムから加入後、マンチェスター・ユナイテッドにとって重要な歯車となった。副キャプテンとしてチームを支えているキャリックは、チームのエンジンルームの要として、熟考しながらも、洗練されたスタイルでチームのプレーを調整している。 2006-07シーズンにデビューすると、ポール・スコールズと見事なコンビネーションを築き、その非凡なパスセンスに磨きをかけると、洗練されたパス技術を持つクラシックな選手に成長し、キャリア初となるプレミアリーグ優勝を経験することに。 落ち着きがチームにいい影響を与え、インターセプトの達人でもあったキャリックは、それからレギュラーに定着。時にはセンターバックとしてプレーすることもあり、優れた万能性を披露した。 ユナイテッドでのベストシーズンは、おそらく2021-13シーズンだろうロビン・ファン・ペルシーとともにチームを引っ張り、クラブ史上20回目のプレミアリーグ優勝をもたらした。得点でも貢献したが、主な役割はDFの一列前でプレーし、対戦相手の力を冷静に把握すること。そしてチームメートが選出する年間最優秀選手賞を受賞した。 サー・アレックス・ファーガソンが勇退後はケガとの戦いだったが、コンディションが良好なときは一流のプレーを見せ、チームのために力を尽くした。 2017年11月、キャリックは不整脈を患い、手術を受けたことを公表。それが原因で欠場を続けた。それでもドレッシングルーム内での影響力は大きく、2018年になって復帰。ヨーヴィル、ハダースフィールドとのエミレーツFAカップ戦でフル出場した。また、ホームタウンに本拠地を構えるニューカッスル・ユナイテッドとのプレミアリーグ戦でも交代出場した。 2018年3月12日、キャリックは現役引退を表明。引退後には、ジョゼ・モウリーニョ監督のスタッフに加わる可能性が高いことを明かした。 それからは指導者転身に備えるため、ファーストチームのコーチ席から試合を観戦。2018-19シーズン前のプレシーズンから、コーチとしての役割を担う。

省略を読む About マイケル・ キャリック
  • ポジション

    ミッドフィールダー

  • English

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v チャールトン(A)

最新

ジェシー・リンガード
ジェシー・リンガードについて語るマイケル・キャリック 言う

「スペースが空くところ、そしてそれをいかに活用するかをおそらく彼は直感的に察知している。スキルや小技が飛び抜けたドリブラーというわけではないが、ダイナミックさがある。彼のプレースタイルは、なんとも独特なんだ」

ジェシー・リンガード
ジェシー・リンガードについて語るマイケル・キャリック 言う

「小柄な少年だった頃のジェシーが練習場で走り回る姿を見て、彼の能力を確信したよ」

ジェシー・リンガード

リンガードのプレーは独特 Article

マイケル・キャリックが、ジェシー・リンガードがハイレベルで成功できる理由を解説した

サー・アレックスとキャリック

サー・アレックスは大事な人 Article

マンチェスター・ユナイテッドのキャプテン、マイケル・キャリックは、突然の病の襲われたかつての恩師であるサー・アレックス・ファーガソンに、心温まる励ましの言葉を贈った。

キャリック

「引退は自然」 Article

キャリックが引退決断のタイミング、コーチ転身について語った

もっと見る