click to go to homepage
マッキロイ

バイオグラフィー

デビュー戦がマンチェスターダービーになるほど怖気づいてしまうこともない。だが、17歳のサミー・マッキロイは洗礼となったメイン・ロードでの試合で1ゴール、2アシストを記録し、ユナイテッドに忠誠を誓うファンから愛おしい存在になった。

北アイルランド出身のウィンガーは、マット・バズビーが最後に契約した選手で、1969年8月にアマチュア契約を結ぶと、その2年後プロ契約を手にし、1971年11月6日のダービーで華麗なるデビューを飾った。 デビュー戦で結果を残したとはいえ、即レギュラーになったわけではなかった。マッキロイは、デビューシーズンも、その翌年もベンチからの交代出場が主な役割だった。 1973年の1月に交通事故により重傷を負ったマッキロイだったが、懸命な努力により復帰し、その翌シーズンには先発の座を掴んだ。 同年は降格という憂き目を体験するも、マッキロイは不動の先発として活躍。ユナイテッドは、1年後に1部返り咲きを果たした。クラブでの役割と同様、マッキロイは北アイルランド代表でも重要な選手として活躍し、代表では通算88試合に出場した。 1970年代後半、ウェンブリーで開催されるカップ戦の決勝に4年で3回進出したユナイテッドの中心選手だったマッキロイだが、1976年と79年にはそれぞれサウサンプトンとアーセナルの前に涙を呑む結果を経験。アーセナル戦では同点ゴールを決めただけに、残念な結果となった。そんなマッキロイは、決勝で2度敗れた76年と79年の間にあたる1977年のFAカップ決勝でリヴァプールに2-1で勝利し、ユナイテッドでの11年間で唯一のメジャータイトルを獲得した。 1982年、当時の監督だったロン・アトキンソンが35万ポンドでマッキロイをストーク・シティーに放出すると、3年後にはフリートランスファーでマンチェスター・シティーに移籍。引退後、指導者に転身した。 ノースウィッチ・ヴィクトリア、アッシュトン・ユナイテッド、マクルズフィールド・タウンの監督を経て、北アイルランド代表監督にも就任。その後ストックポート・カウンティで指揮を執った後、2005-06シーズンにはモアカムの暫定監督を引き受け、後に正式な監督に就任した。

省略を読む About サミー マッキロイ
  • ポジション

    フォワード

  • 北アイルランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    マンチェスター・シティー(A)リーグ

  • 退団

最新

ルカク

イブラから学んだこと Article

ロメル・ルカクが、ズラタン・イブラヒモヴィッチからえた教訓を語った。

ロブソン

逆転劇トップ5 Article

2試合で決着がつくヨーロッパでの試合で大逆転勝利を収めたトップ5を厳選。

バルサ

1984年の勝因は騒音? Article

元ユナイテッド監督のロン・アトキンソンが1984年の激闘を振り返った。

オーレ

ギグスからオーレにアドバイス! Article

ギグスがカンプノウでのバルセロナ戦についてオーレにアドバイス

ギグス

「ここはやっぱり最高だ」 Article

ライアン・ギグスがウェールズ代表を率いてAonトレーニング・コンプレックスに見参

ネマニャ

マティッチが代表戦を欠場 Article

ネマニャ・マティッチはセルビア代表の2試合を欠場

アレクシス

バルセロナ戦出場を願うアレクシス Article

アレクシス・サンチェスは、バロセロナとの対戦までに復帰できる可能性がある

أليكسيس سانشيز
アレクシス・サンチェス Inside United とのインタビューで 言う

「僕がどれほどフットボールを愛しているかということを、みんなに見せたい。ユナイテッドは、イングランドの中だけじゃなく、世界的にも重要な存在感があるクラブだ。僕はサポーターのみんなに、トロフィーを捧げたい」

أليكسيس
アレクシス・サンチェス Inside United とのインタビューで 言う

「子どもの頃からユナイテッドが好きだった。本当なんだ。まだほんのちっちゃい頃からね。だから、その気持ちをここでしっかり表現したい。そしてみんなを喜ばせたい。そしてもちろん、勝利を手に入れたい」

ショー

ショーが負傷により代表を離脱 Article

ルーク・ショーは負傷によりチェコ、モンテネグロとの試合を欠場する。

マルシャル

マルシャルが代表を離脱 Article

アントニー・マルシャル以外にも、代表を離れたユナイテッドの選手が。

もっと見る