マッキロイ

バイオグラフィー

デビュー戦がマンチェスターダービーになるほど怖気づいてしまうこともない。だが、17歳のサミー・マッキロイは洗礼となったメイン・ロードでの試合で1ゴール、2アシストを記録し、ユナイテッドに忠誠を誓うファンから愛おしい存在になった。

北アイルランド出身のウィンガーは、マット・バズビーが最後に契約した選手で、1969年8月にアマチュア契約を結ぶと、その2年後プロ契約を手にし、1971年11月6日のダービーで華麗なるデビューを飾った。 デビュー戦で結果を残したとはいえ、即レギュラーになったわけではなかった。マッキロイは、デビューシーズンも、その翌年もベンチからの交代出場が主な役割だった。 1973年の1月に交通事故により重傷を負ったマッキロイだったが、懸命な努力により復帰し、その翌シーズンには先発の座を掴んだ。 同年は降格という憂き目を体験するも、マッキロイは不動の先発として活躍。ユナイテッドは、1年後に1部返り咲きを果たした。クラブでの役割と同様、マッキロイは北アイルランド代表でも重要な選手として活躍し、代表では通算88試合に出場した。 1970年代後半、ウェンブリーで開催されるカップ戦の決勝に4年で3回進出したユナイテッドの中心選手だったマッキロイだが、1976年と79年にはそれぞれサウサンプトンとアーセナルの前に涙を呑む結果を経験。アーセナル戦では同点ゴールを決めただけに、残念な結果となった。そんなマッキロイは、決勝で2度敗れた76年と79年の間にあたる1977年のFAカップ決勝でリヴァプールに2-1で勝利し、ユナイテッドでの11年間で唯一のメジャータイトルを獲得した。 1982年、当時の監督だったロン・アトキンソンが35万ポンドでマッキロイをストーク・シティーに放出すると、3年後にはフリートランスファーでマンチェスター・シティーに移籍。引退後、指導者に転身した。 ノースウィッチ・ヴィクトリア、アッシュトン・ユナイテッド、マクルズフィールド・タウンの監督を経て、北アイルランド代表監督にも就任。その後ストックポート・カウンティで指揮を執った後、2005-06シーズンにはモアカムの暫定監督を引き受け、後に正式な監督に就任した。

省略を読む About サミー マッキロイ
  • ポジション

    フォワード

  • 北アイルランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    マンチェスター・シティー(A)リーグ

  • 退団

最新

أندي كول ودوايت يورك
#TrebleIcons
アンディ・コール。ドワイト・ヨークについて 言う

「組んでプレーするようになったときは、まるで特別な女性に出会って、恋に堕ちたような感覚だった。すべてがぴったりはまった。我々に言葉など必要なかったよ」

ヨーク

トレブルアイコン:ドワイト・ヨーク Article

トレブルシーズンの我らがトップスコアラー、ドワイト・ヨーク

オーレ

オーレのゴール勘は健在 Article

リー・グラントがスールシャールのシュートセンスを絶賛

ユナイテッド

トレブルアイコン:ポール・スコールズ Article

ジダンが対戦した中で最もタフな選手がトレブル記念試合に出場。彼の1998-99シーズンを振り返る。

ユナイテッド

昨季のプレミアリーグ最速選手が決定 Article

Optaのデータにより、2018-19シーズンのプレミアリーグ最速選手が確定。1位はマンチェスター・ユナイテッドのアノ選手だった。

ユナイテッド
キーラン・マケンナ 言う

今のスタッフは、幅広い経験を持っている。自分、オーレ、マイク、マイケル、デンプス、エミリオは、それぞれが全く異なるバックグラウンドを持っている。お互いに足りない部分を補い合えているし、それぞれが異なるものをもたらしている。

ユナイテッド

マケンナ「ユナイテッドのコーチは、お互いに足りない部分を補い合えている」 Article

ユナイテッドファンでもあるキーラン・マケンナが、オーレ・グンナー・スールシャール監督のスタッフの一員であることについて語った。

ヨーク

ヨーク「記念試合は素晴らしい1日になる」 Article

ドワイト・ヨークが、来週日曜に行われる記念試合について語った。

ペレイラ

レジェンドがアンドレアスに助言 Article

ニッキー・バットが、アンドレアス・ペレイラにアドバイスを送った。

ゴメス
オーレのシーズン閉幕特別インタビュー第2回
オーレ・グンナー・スールシャール 言う

「1年間他のクラブで修行し、たくましくなって戻ってくる例もたくさんある。彼らについてどういう戦略をとるかはについてはおいおい決めるが、ほとんどはここに残ることになるのではないかと思う」

スールシャール

監督が今シーズンから学んだこと Article

ユナイテッドの監督としてシーズン後半から指揮を執った経験を、監督が語った。

エレーラ

エレーラ「リーグ優勝は夢だった」 Article

アンデル・エレーラが、ユナイテッドでやり残したことを明かした

アクセル

若手の活躍に期待するオーレ Article

スールシャール監督が、レンタル中のトゥアンゼベとヘンダーソンについて話した

また

マタ「振り返り、分析するとき」 Article

フアン・マタが今季最後のブログで、エレーラとバレンシアについて語った

もっと見る