click to go to homepage
マッキロイ

バイオグラフィー

デビュー戦がマンチェスターダービーになるほど怖気づいてしまうこともない。だが、17歳のサミー・マッキロイは洗礼となったメイン・ロードでの試合で1ゴール、2アシストを記録し、ユナイテッドに忠誠を誓うファンから愛おしい存在になった。

北アイルランド出身のウィンガーは、マット・バズビーが最後に契約した選手で、1969年8月にアマチュア契約を結ぶと、その2年後プロ契約を手にし、1971年11月6日のダービーで華麗なるデビューを飾った。 デビュー戦で結果を残したとはいえ、即レギュラーになったわけではなかった。マッキロイは、デビューシーズンも、その翌年もベンチからの交代出場が主な役割だった。 1973年の1月に交通事故により重傷を負ったマッキロイだったが、懸命な努力により復帰し、その翌シーズンには先発の座を掴んだ。 同年は降格という憂き目を体験するも、マッキロイは不動の先発として活躍。ユナイテッドは、1年後に1部返り咲きを果たした。クラブでの役割と同様、マッキロイは北アイルランド代表でも重要な選手として活躍し、代表では通算88試合に出場した。 1970年代後半、ウェンブリーで開催されるカップ戦の決勝に4年で3回進出したユナイテッドの中心選手だったマッキロイだが、1976年と79年にはそれぞれサウサンプトンとアーセナルの前に涙を呑む結果を経験。アーセナル戦では同点ゴールを決めただけに、残念な結果となった。そんなマッキロイは、決勝で2度敗れた76年と79年の間にあたる1977年のFAカップ決勝でリヴァプールに2-1で勝利し、ユナイテッドでの11年間で唯一のメジャータイトルを獲得した。 1982年、当時の監督だったロン・アトキンソンが35万ポンドでマッキロイをストーク・シティーに放出すると、3年後にはフリートランスファーでマンチェスター・シティーに移籍。引退後、指導者に転身した。 ノースウィッチ・ヴィクトリア、アッシュトン・ユナイテッド、マクルズフィールド・タウンの監督を経て、北アイルランド代表監督にも就任。その後ストックポート・カウンティで指揮を執った後、2005-06シーズンにはモアカムの暫定監督を引き受け、後に正式な監督に就任した。

省略を読む About サミー マッキロイ
  • ポジション

    フォワード

  • 北アイルランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    マンチェスター・シティー(A)リーグ

  • 退団

最新

Joueurs clés
ウェイン・ルーニー 言う

チームにはポグバ、マルシャル、ラッシュフォード、ルカクという選手がいる。試合の展開が良くなければ、彼らがチームを勝利に導くゴールを決める必要がある。それがチームを落ち着かせるんだ。

ルーニー

ルーニー「クリスマス時期で決まる」 Article

今回のインターナショナルブレーク明けから数週間の戦績が今季の行方を決める可能性が高い。

ポグバ
ポール・ポグバ、Inside United 誌のインタビューにて 言う

「ユナイテッドでプレーすることはずっと夢だった。たくさん試合に出て、ゴールを決めたかった」

ルーニー

ルーニー「ユナイテッドが恋しい」 Article

現在アメリカのメジャーリーグサッカーでプレーするウェイン・ルーニーが独占インタビューに応じた。

リンデロフ

リンデロフが母国で栄誉 Article

ビクトル・リンデロフがスウェーデンの年間最優秀選手賞に選出

マルシャル

マルシャルが仏代表から離脱 Article

マルシャルが大腿部の負傷によりフランス代表を離脱

マタ

「今回のブレークはチーム分析のためのもの」 Article

マタがブログを更新。ユヴェントス、ダービーについて綴った。

エレーラ

前を向くエレーラの誓い Article

エレーラがシティー戦後、次節からの戦いについてコメントした。

監督

トップ4の可能性について言及 Article

モウリーニョ監督は、今季の目標がトップ4入りとシティー戦後に語った。

ポグバ

ポグバがダービーを欠場した理由 Article

ポグバはユヴェントス戦の最中に負傷したが、チームのために最後までプレー。その影響により、ダービーを欠場した。

監督

ダービーを総括 Article

モウリーニョ監督が、敵地で敗れたシティー戦を振り返った。

マルシャル

「マルシャルを諦めたことはない」 Article

監督が絶好調のマルシャルについて語った。

監督

監督「チームは成長している」 Article

監督がダービー前の会見でチームの成長について語った。

もっと見る