ダビド

2022-23シーズン、デ・ヘアが達成するかもしれない記録

水曜日 29 6月 2022 12:30

2011年の今日、マンチェスター・ユナイテッドはアトレティコ・マドリーからダビド・デ・ヘアという新進気鋭のゴールキーパーを獲得した。

引退したエドウィン・ファン・デル・サールの後任を必要としていたサー・アレックス・ファーガソンにとって、弱冠20歳ながらこのスペイン人の有望株はまさに望んでいたとおりの人材だった。

それから11年。487試合に出場し、7つのトロフィーなど数々の栄誉を手にしたデ・ヘアは、ファンに愛され、信頼されるベテランプレーヤーとして確固たる地位を築いている。

2022-23シーズンの幕開け、そして新監督エリック・テン・ハフのもとでの新時代を前に、デ・ヘアがこれまでに達成した栄誉を振り返り、来シーズンに達成する可能性のある栄光について考察してみた。

デ・ヘアのこれまでの功績

サー・アレックスのもと、スペイン人GKは2013年にプレミアリーグを制覇し、その他レッズとともにFAカップ、リーグカップ、ヨーロッパリーグを勝ち取った。

デ・ヘアは、クリスティアーノ・ロナウドと並んで、マット・バスビー年間最優秀選手賞をこれまでに4回受賞した最多受賞者でもある。また、選手たちが選ぶプレーヤーズ��間最優秀選手賞も、2021-22シーズンの受賞で記録を4回にのばした。

 

出場回数:歴代トップ10

ダビドは現在487試合に出場し、出場試合数で歴代11位につけている。GKでは、539試合に出場したアレックス・ステップニーに次いで2番目に多い。

10位につけているジョー・スペンスの510試合出場まではあと23試合だ。来シーズンにはスペンスを超える可能性も十分にある。

トップ10入りだけでも見事だが、もしレッズがカップ戦でも善戦すれば、デ・ヘアは2022-23シーズン中に、ユナイテッドの伝説的なフルバックであるデニス・アーウィンを追い抜くことも可能だ。1990年から2002年の間に529試合に出場したアーウィンの記録までは、あと42試合に迫っている。

選手が選ぶクラブ年間MVPはデ・ヘア

 記事

ダビド・デ・ヘアが、選手が選ぶクラブ年間最優秀選手賞に輝いた。

クリーンシート記録

31歳のデ・ヘアは、ユナイテッドでのキャリアにおいてこれまで165回のクリーンシートを記録している。これより高い数字を記録しているGKは2人しかいない。

グレート・デーンこと、ピーター・シュマイケルが180回でトップ。ステップニーは175でデ・ヘアより10回多い。

2021-22シーズン、デ・ヘアは全コンペティション合わせて10回のクリーンシートを達成した。順調にいけば、2022-23シーズンの終わりにはステップニーに並ぶはずだ。

しかしながら、デ・ヘアとユナイテッドのディフェンス陣が、それぞれ22回と15回のクリーンシートを達成した2017-18シーズンと2019-20シーズンのような屈強な守備力を再現できるななら、シュマイケルを抜いてクラブ新記録を打ち立てる可能性も浮上する。

デ・ヘアが「生きている」と実感する瞬間

 記事

ダビドが、俳優のジョン・ブラッドリーと、マンチェスター・ユナイテッドのNo.1GKとしての人生について話した

今後の展望

昨シーズンは、チームにとっては困難な年であったが、デ・ヘア個人にとっては、ユナイテッドでのキャリアの中でも最も印象的なシーズンのひとつだった。

サポーターたちは、31歳のデ・ヘアが再び同じ好調さでプレーすることを期待していることだろう。と同時にエリック・テン・ハフ監督のもとでレッズが進化するにつれ、試合中に彼があまり忙しくならないことも期待しているはずだ。

4月に行われた『MUTV』のインタビューでデ・ヘアは、オランダ人監督の就任について次のように語っていた。「彼がアヤックスで何を成し遂げたかは知っている。チャンピオンズリーグ決勝進出まであと一歩のところに迫り、国内でタイトルを獲得した。それに彼は選手を育ててくれる。とても楽しみだよ」。

来シーズン、レッズが成功を収めるには、これまでの11年間もそうしてきたように、この経験豊富なキーパーが重要な役割を果たすことになるだろう。

おすすめ: