ブルーノ

ブルーノ「これからもリスクは恐れない」

木曜日 21 10月 2021 15:28

マンチェスター・ユナイテッドのMFブルーノ・フェルナンデスは、リヴァプール戦を前に、チームメイトにゴールの機会を与えるために、これかれもリスクを恐れず挑み続けると話した。

日曜、オールド・トラッフォードに宿敵リヴァプールを迎えるレッズは、アタランタ戦に勝利した勢いを引き継ごうと意気込んでいる。

3-2で逆転勝利をおさめた後、ポルトガル人MFは、この試合の前半戦ではいくつか成功しなかったパスもあったが、同じアプローチで続けた結果が、後半戦のゴールを生み出すことにつながったと話した。

「時にはリスクを負わなければならないこともある」と語ったブルーノ。

ハイライト:ユナイテッド 3-2 アタランタ 動画

ハイライト:ユナイテッド 3-2 アタランタ

5ゴールが炸裂したドラマチックな試合の全ゴールやハイライトシーンを見よう

「ときにはあまりリスクを犯しすぎないほうがいいことだってあるだろう。前半戦は、たくさんのパスミスがあった。けれどそれでも僕はトライし続ける。そのパスが、ストライカーをとらえる瞬間を生み出すためにね」

「このパスは難しい、とわかっていたり、ボールに飛びつくチャンスがない場面もあると思うけれど、ストライカーの動きを尊重して、彼らに得点させるようにしたいんだ」

ブルーノはさらに続けた。「これからもミスはするだろう。けれど、チームメイトがゴールできるようベストを尽くした結果ミスになることもある。フレッジやスコット、ポールも同じだ。ストライカーにチャンスを与えられるよう、自分たちはベストを尽くしている。もちろん、みんながより多くのものを望んでいることも理解している。ここはビッグクラブだからね」

「人々は、僕らが常に同じレベルでプレーすることを期待する。けれど、相手がそれをさせてくれないこともある。今日の試合でも、前半戦は相手が僕らを苦しめた。かといって彼らがたくさんチャンスを作れていたかといえば、僕はそれほど多くは思い出せない」

「ゴールにつながった2つと、あとはたしかムリエルのチャンスがあった。記憶違いでなければね。ただ、それ以外は、前半戦も僕らはよくやれていた。ゴールにつながらなかっただけだ。そのゴールにつなげられないというのは問題で、みんなのイライラを招くことになるんだけれど」

 

「エネルギーが素晴らしかった」 article

オールド・トラッフォードの雰囲気が逆転勝利を導き出したとキャプテンのマグワイアが語った

アタランタ戦は前半戦で2点ダウンという展開の試合になったが、ブルーノは、週末のリヴァプール戦に向けてのトレーニングも、特別なことはせず、いつもと同じハードワークをするのみだと話した。

「ミスをした部分は修正すること。それは毎回必要な作業だ。今日だけが特別じゃない」

「今日はミスをしたが、それでも試合に勝てた。しかし明日トレーニング場に行ったら、何が問題でミスにつながったのかをしっかり理解して、次のリヴァプール戦で同じミスをしないよう確認することが重要だ。ミスをしたときは、その原因をしっかり探って繰り返さないことがなにより大切になる」

「1試合1試合、どこをもっとよくできるか、何をよくすべきかを確認しながらこなしていくことが重要なんだ」

「そうすれば、レスター戦やアストン・ヴィラ戦、エヴァートン戦や、この試合の前半戦でのようなことは繰り返さないで済む。今日の問題点は翌日洗い出して、即修正しなくてはならない」

 

ロナウド「俺たちは絶対に諦めない」 article

アタランタ戦での劇的な逆転勝利の後、ロナウドがSNSに力強いメッセージを投稿

フェルナンデスは、攻守両面が機能するためには、このプロセスに全員が取り組むことが重要だと考えている。

「失点を減らしてより多く得点する、というのは当然のことだ」

「ただ、失点についても、ディフェンダーだけを責めればいいわけじゃない。全員が一丸となって守ることが必要だからだ」

「チーム全体でしっかり守るよう全員一緒にトレーニングもしている。攻撃についても同じだ。チーム全員で攻める練習をしている。だから得点が生まれないときは、誰かのせいではなく、チーム全体の責任なんだ。失点についても同じくね。ただもちろん、ときには個人のミスもある。しかしそれがフットボールだ。それは起こりうることだし、必要なのはその原因となったのは何かを理解して、次の試合ではより良いプレーをができるようにすることなんだ」。

おすすめ: