オーレ

ブリュージュ戦前チーム情報

マンチェスター・ユナイテッドは今週木曜、UEFAヨーロッパリーグ、クラブ・ブリュージュとの第2戦に臨む。負傷により欠場が続いていた何人かの選手は、この試合で復帰できそうだ。

約2カ月間戦列を離れ、ブリュージュとの第1戦目も欠場したスコット・マクトミネイは、日曜のワトフォード戦(3-0でユナイテッドが勝利)に途中出場した。

終盤の10分間を無事にこなし、木曜のメンバー入りの可能性が浮上している。

同じく、敵陣での第1戦目(1-1)を体調不良のため欠場したメイソン・グリーンウッドもワトフォード戦に出場したが、75分にレッズの3点目のゴールを決めたあと、足に痙攣を起こしてピッチを退いた。彼のコンディションについては確認が待たれる。

メイソン
日曜の試合で足に痙攣を起こしたグリーンウッド

12月中旬から試合に出場していないアクセル・トゥアンゼベは、先週、全体練習に参加していた。大腿部の負傷から順調に回復しているようだ。

ティム・フォス・メンサーとフィル・ジョーンズも、トゥアンゼベ同様、ブリュージュへの遠征には帯同しなかった。


ヨーロッパリーグのグループステージで出場機会を得たアンヘル・ゴメス、ジェームズ・ガーナー、タヒス・チョンは、ブリュージュ戦の第1戦では、ファーストチームの試合の前に行われたU19チーム同士のフレンドリーマッチに参戦した。

選手についてのさらなる情報は、水曜にAonトレーニング・コンプレックスで行われる前日会見でオーレ・グンナー・スールシャールから語られるだろう。

ブリュージュ戦ハイライト動画

すでに欠場が決定的なのは3人。背中に疲労骨折を負ったマーカス・ラッシュフォードは、復帰まであと数週間かかる見込みだ。ポール・ポグバも足首の怪我が完治していない。

2月上旬に手術を受けたGKリー・グラントも、2、3カ月離脱することになる。

朗報は、累積警告で欠場となる選手がいないことだ。ヨーロッパリーグは、イエローカード3枚で次戦が出場停止となるが、いま現在レッズには1枚以上イエローカードを受けている者はいない。

ブリュージュ
エデル・バランタは第2戦目は出場停止

クラブ・ブリュージュ情報

第1戦でゴールを決めたエマニュエル・デニスは遠征メンバーに入っていない。MFルート・ヴォーマーも、目を怪我して欠場。

コロンビア人MFエデル・バランタは、第1戦目で受けた警告により、次戦は出場停止となる。

怪我のため、ヤン・ブレイデル・スタジアムでの第1戦を欠場したユスフ・バジとイグナス・ファン・デル・ブレントは、まだリカバーしていない模様。しかしクレピン・ディアッタは遠征メンバーに名を連ねている。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。


おすすめ:

関連キーワード