ユナイテッド

シティー戦関連チーム情報

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、残念な形で敗れたアウェイでのエヴァートン戦からの挽回を誓っている。

4-0で完敗を喫したものの、アーセナルがホームでクリスタル・パレスに敗れたため、プレミアリーグのトップ4争いは、まだユナイテッドにも希望が残された状態だ。

シティーにとっては、2シーズン連続優勝に向けて負けられない。もし残り4節に勝てば、リヴァプールとの優勝争いを制することができる。現時点ではリヴァプールが勝ち点2差で首位に立っているが、シティーより1試合多く消化している。

ゲイェ
フィル・ジョーンズはエヴァートン戦のハーフタイムに交代

ユナイテッドにとっては、ポジティブなニュースもある。ルーク・ショーが2試合の出場停止処分を終え、次節から出場が可能だ。ショーは、欧州戦でも出場停止だったため、バルセロナとのチャンピオンズリーグ準々決勝 第2戦に出場できなかった。不在の間はマルコス・ロホ、アシュリー・ヤング、ディオゴ・ダロトが代わりを務めたが、先月のクラブ月間最優秀選手賞を受賞したショーは、トップフォームを維持しているところを証明し、サー・マット・バズビー年間最優秀選手賞に相応しい姿をアピールしたいと考えているだろう。

グディソン・パークで負傷したフィル・ジョーンズに関しては、検査結果を待たなければならない。前半に負傷したジョーンズは、後半あたまからヤングと交代。その後ビクトル・リンデロフは、クリス・スモーリングとセンターバックを務めた。

前節の不甲斐ないパフォーマンスを見たスールシャール監督は、メンバー変更を考える可能性が高い。4冠を狙っていたシティーだったが、チャンピオンズリーグでトッテナムに敗れ、その可能性は潰えた。

アレクシス・サンチェスは状態を上げているため、オプションの一人に含まれるだろう。古巣とカンプ・ノウで対戦した試合にも出場したが、エヴァートン戦で出番はなかった。フレッジと交代して出場したスコット・マクトミネイの旺盛なエネルギーがあれば、パスとプレスが戦術の軸であるシティーを無力化できるかもしれない。

ユナイテッド
バルセロナ戦で交代出場したアレクシス・サンチェス

スールシャール監督は、火曜の会見で、アンデル・エレーラ、エリック・バイリー、アントニオ・バレンシアのコンディションに関する最新情報を発表するかもしれない。

今回はビッグマッチながら、若手をメンバーに加える可能性もあり得る。ウェストハム戦に出場したメイソン・グリーンウッドは、U-18のダービー・カウンティ戦で2ゴールを記録。今季28試合に出場して29ゴールを記録している。

グリーンウッドのポテンシャルに関しては、オーレも「メイソン・グリーンウッドは17歳の選手だが、彼にはこのクラブでトッププレーヤーになれるチャンスを与えたい」と語っていた。

また、グリーンウッドと同様に印象に残るプレーを続けているアンヘル・ゴメス、ジェームズ・ガーナー、タヒス・チョンは、5-0で完勝したU-23ニューカッスル戦でゴールを決めた。

U-23ニューカッスル戦動画

ペップ・グアルディオラのチームでは、1-0で勝ったスパーズ戦で筋肉を痛めたケヴィン・デ・ブライネが、ダービーを欠場する見込みだ。

その他シティーでは、控えGKのクラウディオ・ブラーボが欠場中。MFのフェルナンジーニョは、戦術上の理由から、ここ数試合先発から外れている。

おすすめ: