ユナイテッド

ファン・デル・サール「ユナイテッドのGKはお互いを高め合う」

エドウィン・ファン・デル・サールが、マンチェスター・ユナイテッドのゴールキーパーを取り巻く現状について語った。高いレベルでの競走が今シーズンのチームを救うと、レジェンドは見ている。

ユナイテッドで266試合に出場したファン・デル・サールは、ゴールキーパーに関して熟知している。彼はオールド・トラッフォードでの6年でプレミアリーグ優勝4回、忘れられない2008年にモスクワで優勝したUEFAチャンピオンズリーグを含め、10のタイトル獲得に貢献した。

エドウィンは、ダビド・デ・ヘア、ディーン・ヘンダーソン、セルヒオ・ロメロ、リー・グラントによる競走が必要と主張している。

水曜のMUTVグループチャットに参加した彼は「競走は常に大事」と、ファン・デル・サールは語る。

「若い頃はファーストチームの選手を憧れの眼差しで見つめる。一緒に練習するようになると、彼らに挑戦したくなる。そうやって出番が来る時に備えておかないといけない」

「チャンスを与えられたら掴まないといけない。中には得点やアシストを決められる幸運な選手もいれば、試合に負けてもう使われない選手もいるかもしれない」

エドウィンは、2011年に現役を引退し、オールド・トラッフォードを離れた。彼と入れ違いにクラブにやって来たのがデ・ヘアだった。

世界屈指のゴールキーパーに成長したデ・ヘアの功績をエドウィンも認めているが、彼には言っておくべきことがあった。

また、ここ2年シェフィールド・ユナイテッドに期限付き移籍していたヘンダーソンの成長を称えてもいる。

「ダビドはファンタスティックな選手だ。彼が私の後を引き継いで、これまでに何度もクラブの年間最優秀選手賞に輝いている。クラブにとって素晴らしい選手だ」

「オーレ(グンナー・スールシャール)は、チーム内の競走に目を向ける。そして、どのゴールキーパーがチームにとってベストかを見定める」

「正直に言うと、私はシェフィールドでのディーンの活躍に感心した。しかし、ダビドはユナイテッドで大活躍している。時にはミスを犯すが、それは私も同じだったし、誰でもミスはする」

「大事なのは、ミスをした状況だ。0-0の時だったのか、それともチームに助けてもらえた状況だったのか、あるいはストライカーが試合終了間際にゴールを決めて、ミスが帳消しになったのかどうか」

「ダビドはこれまでと変わらぬ活躍をしてくれるだろう。適切な選手を獲得してもらいたいし、今のチームはタイトルを争えるくらいの競走力を持っているように思える。ダビドとディーンは、高いレベルでお互いを高め合える」

新シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ: