ユナイテッド

監督が敗れたフォレスト戦を総括

土曜日 30 12月 2023 22:06

エリック・テン・ハフ監督は、ノッティンガム・フォレストに2-1で敗れた試合後、ケガや体調不良などの問題が、チームにとって厳しいものであることを認めた。

マーカス・ラッシュフォードの同点ゴールは、今年を締めくくるポジティブな結果への期待を高めたが、降格圏から遠ざかる勝ち点をホームチームに与えてしまった。

監督は、勝利を目指してい���チームが結果を残せなかったと認めながら、ミッドウィークのアストン・ヴィラ戦で決勝ゴールを決めたラスムス・ホイルンドを試合前に失い、ケガや体調不良による欠場者リストに加えられたことを嘆いた。

以下は、シティー・グラウンドでの敗戦後、監督が公式放送で語った内容の一部である。

テン・ハフ「ステップアップしないといけない」 動画

テン・ハフ「ステップアップしないといけない」

エリック・テン・ハフ監督が2023年最終戦を振り返った。

十分ではなかった

「ハーフタイム前のパフォーマンスにも失望している。ハーフタイム前は創造性が足りていなかったし、もっと素早いプレーや動きに力を入れるべきだった。ファイナルサードでは十分でプレーができなかったし、チャンスを作るための投資も足りなかった」

後半の方が良かった

「前半の出来は良くなかったが、後半は良かった。悪い場面で失点してしまった。あの瞬間、試合は我々のものになり、2-1での逆転を目指したが、カウンターから失点してしまった。試合終了間際にクリスティアン・エリクセンがチャンスを作った。私たちにもチャンスはあったけれど、勝つには十分ではなかった。我々は反撃し、勝利を目指したが、カウンターに打ちのめされた。それがこの敗戦の理由」

今後の懸念

「2失点した場合は、チームとしてもっと守備を固めなければならないし、試合展開を読まなければならない。ただ、これは最大の心配事ではなく、ゴールを決めて得点することが重要。1点取れたことは嬉しいし、後半はいいプレーでチャンスを作れた。でも、もちろん勝たなければならない」

アマドのプレーはポジティブ

「後半、彼ら(攻撃陣)は試合に入れていた。アマド・ディアロは本当にいいプレーをしていたし、アレハンドロ・ガルナチョもとてもいいプレーをしていたと思う。ガルナチョが試合を通して戦い、ゴールをお膳立てした。マーカス・ラッシュフォードのゴールも良かった」

負傷の影響

「2試合続けて同じメンバーをしばらく起用できていない。今日もまた、ラスムス・ホイルンドを失ったため、変えざるを得なかった。毎回、チームを入れ替えなければならないが、それはチーム内のルーティンをサポートする助けにはならない。最終ラインは9パターン目だが、すべてを非難してもファンには関係ないと思う。ファンはそんなことは聞きたくない。彼らは私たちが勝つことを望んでいるし、我々はそのために力を尽くさないといけない」

2024年への希望

「まず、選手たちが戻ってきている。より強いチームを編成できると思う。ベンチも強化されるし、選手交代もできる。だから新年にはもっと強くなっていると思う。私たちは同じ船に乗っているし、選手たちも現状に満足しているわけではない。ケガ人や、いくつかの問題もあるが、主に負傷者が私たちの進歩を妨げている。この状況を好転させなければならないし、希望が持てるのは1月に我々のレベルが上がることだ。うまくいっていない理由はわかっている。ただ、これほど多くの問題や負傷者を抱えているチームはないと説明しているだけだ。私たちはもっとうまくやるべきだったし、選手層だってある。それでも、ここまで負傷者が多いと、選手層も十分ではなくなる」

改善しなければならない

「順位は嘘をつかない。パフォーマンスを安定させなければならないので、もっとうまくやらなければならないし、試合開始から力を尽くさないといけない。原因はわかっているし、イライラしても意味がない。私はチームのために努力するわけで、日々取り組んでいる」

おすすめ: