アマド

アマド・ディアロ初独占インタビュー

Aonトレーニングコンプレックスに到着後、ピッチと室内練習場でトレーニングを行った後、アマド・ディアロがマンチェスター・ユナイテッド加入の喜びを語ってくれた。

18歳のディアロは、クラブメディアのマーク・サリバンとのインタビューに応じ、アタランタからの移籍、すでに一人のチームメートのおかげでチームに馴染めていることなどについて語った。

マンチェスター・ユナイテッドへようこそ。ようやくクラブに移籍した感想は?
とても嬉しい。マンチェスター・ユナイテッドでのキャリアを始められて興奮している。夢が叶った。チームメートと一緒にプレーするのが待ちきれない。

移籍は昨年の10月に発表された。ここ数ヶ月はどういう感じだった?
少し不思議な数ヶ月だった。アタランタでもう少しプレーしたかったけれど、できなかった。今はこのクラブにいるし、たくさん良い経験ができると思っている。楽しみにしているんだ。

選手としての伸びしろはどれくらいあると思っている?
僕はまだ若い。まだ18歳だから、まだまだ先が長い。学んで、成長したい。経験豊富なチームメートやコーチの話を聞いて、成功するために努力する。

素晴らしいコーチングスタッフ、ワールドクラスの仲間との合流に興奮している?
待ちきれない。この素晴らしいクラブで、彼らと一緒に仕事をするのが楽しみ。冒険は始まったばかりで、本当に本当に嬉しい。

同じコートジボワール出身のエリック・バイリーがチームにいる。彼が力になってくれている?
もちろん。エリックは頼れる先輩だし、ここ数ヶ月で何度か連絡を取って、話しているんだ。色々と助言をしてもらいたいし、アドバイスを聞きたい。フランス語とイタリア語ができる(ポール)ポグバも頼りにしたい。

成長できたアタランタには感謝している?
アタランタには感謝しかない。コーチからクラブの代表まで、素晴らしい人たちばかり。いつも支えてもらった。感謝しかないし、今ここにいられるのも彼らのおかげ。

ユナイテッドで成し遂げたいことは?
まだ始まったばかりで言うのは気がひけるけれど、夢はマンチェスター・ユナイテッドでプレミアリーグ優勝とチャンピオンズリーグ優勝。それが僕の目標。

ユナイテッド加入に関しては、ご家族も喜んでいるのでは?
もちろん。家族にはいつも支えてもらっているんだ。ユナイテッド加入のチャンスが目の前に現れた時も支えてもらった。とても誇らしい気持ちでいてくれているし、僕は家族に感謝している。

世界中にいる数百万人のユナイテッドファンにメッセージは?
世界中のマンチェスター・ユナイテッドファンに「ハロー」と言いたいね。クラブでのキャリアを始めるのが待ちきれない。

おすすめ: