フレッジ

フレッジ「このチームの一員であることに誇り」

マンチェスター・ユナイテッドが今シーズン、オーレ・グンナー・スールシャール監督のもとで大きな成長を遂げたことは誰の目にも明らかだ。そしてその筆頭としてフレッジを挙げることに、疑問をもつ者はいないだろう。

2018年夏にユナイテッドに入団したフレッジにとって、初年度が厳しいシーズンだったことは、本人も認めている。しかしそのことで彼の決意が失われることはなく、スールシャール監督のコーチングスタッフとともに、Aonトレーニング・コンプレックスでトレーニングを重ねてきた。

今シーズン序盤はベンチスタートが続いたが、9月にけが人が出たことを機に出場のチャンスを得ると、すぐに中盤で欠くことのできない戦力になった。パフォーマンスは安定し、労を惜しまない彼のプレーは、ファンからの信頼も勝ち取った。

セビージャ戦ハイライト動画

その結果、今シーズンは全コンペティションあわせて48試合に出場。この勢いを来季にもつなげたいと、フレッジは意欲を燃やしている。

フレッジは日曜のUEFAヨーロッパリーグ準決勝、対セビージャ戦にも出場した。結果は不本意なものに終わったが、ポール・ポグバとともに中盤を司ったフレッジのプレーは賞賛を集めた。

この試合では、ユナイテッドがゲームを支配し、20本のシュートを浴びせたが、2-1で敗れて決勝進出はかなわなかった。よって、すでに心は2020-21シーズンに向けられている。

150万人のフォロワーをもつインスタグラムでフレッジは、いろいろあった今シーズンを、ポジティブな姿勢で終えたいと綴っている。

『昨日は、辛い夜になった。けれど僕たちは最後の瞬間まで戦った。そのチームの一員であれたことを誇りに思う』仲間たちとの写真に、そうコメントを添えたフレッジ。

『シーズンが終わった。神様と、僕らを支えてくれたすべての人たちに感謝したい。少し休養をとって、また次のシーズンに備えたい。UNITED!』

2020-21シーズンは、9月2週目の週末(12、13日)に開幕する。

フィクスチャーは金曜に発表される予定だ。

来シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーキット発売中。購入はこちらから

おすすめ: