ユナイテッ

ジョエル・グレイザーが新たな形の対話を約束

ジョエル・グレイザー氏は、ファンフォーラムに宛てた直筆の手紙の中で、マンチェスター・ユナイテッドとファンとの関係を変革し、オールド・トラッフォードへの投資を増やすという野心を綴った。

エグゼクティブ・コーチェアマンは、「ファンとの関係を一変させ、長期的にクラブを強化するための野心的な施策を打ち出すために、クラブはフォーラムと協力したい」と述べている。

グレイザー氏は、今シーズン終了後、改善された対話プロセスの一環として、できるだけ早くフォーラムと個人的に会うと綴った。また、チームのさらなる強化と、スタジアムや練習場への投資拡大を約束している。

「私たちは、長年にわたってチームへの持続的な投資を支援してきましたが、この夏もそれを継続します。我々は、クラブの施設がヨーロッパで最高のものであり続けるために、オールド・トラッフォードとトレーニング施設への投資を大幅に増やす必要があることを認識しています」

手紙の全文は、こちらから。

グレイザー氏は、フォーラムのメンバーがスーパーリーグに対する怒りを表明した「心のこもった」手紙に関して「謙虚に受け止めた」と述べ、クラブは「より良い聞き手にならなければならない」と明言している。

「私は、我々の主要なファン代表組織である皆様と、我々がプレーする大会を含む様々な重要な問題についてより深く協議し、変化の必要性を認識したいと思います。また、クラブのあらゆるレベルの主要な意思決定プロセスにファンとサッカーの利益が組み込まれていることの重要性を認識しており、この原則を強化する方法について建設的な議論を行いたいと考えています」

「私たちは、フットボールをより強く、長期的に持続可能なものにするために、広くフットボール界と協力していくことを約束していますが、今後は、UEFAとプレミアリーグの既存の構造の中でこれを行うことに焦点を当てていきます」

グレイザー氏は、英国政府が最近発表したファン主導のフットボールの見直しについて、「ファンをゲームの中心に置き、ファンの利益が促進され保護されることを目的に、クラブは進んでオープンに関わっていく」と述べている。

特に、ファンがマンチェスター・ユナイテッドの株式を所有するという原則を支持していることを強調。

「私たちは以前から、マンチェスター・ユナイテッド・サポーターズ・トラストとファンの株式所有について協議したことがありますが、関連するファンとの協議を強化するための条項とともに、このような協議を継続、加速させたいと考えています」

ファンフォーラムには、シーズンチケットホルダー、メンバー、オフィシャルサポーターズクラブ、ファミリースタンド、65歳以上、障害者サポーター、地域住民など、試合に参加する幅広いファン層の代表者が参加している。  

グレイザー氏は、フォーラムは「協議のための重要なチャンネルであり、個人的にその強化に取り組んでいく」と述べている。

また、「心のこもった手紙は、マンチェスター・ユナイテッドのユニークな精神を捉えています」と付け加え、「何十年にもわたって勝利、逆境、悲劇を乗り越えてきたマンチェスター・ユナイテッドに根付く精神をとらえており、オーレ・グンナー・スールシャール監督率いるエキサイティングなチームと、あなたが代表する活気に満ちたファンベースに今も力強く息づいています」とも綴った

ジョエル・グレイザー氏からの手紙の全文はこちら。

おすすめ:

関連キーワード