click to go to homepage
ダロト

ダロトが実戦復帰

ジョゼ・モウリーニョ監督は、セルヒオ・ロメロとディオゴ・ダロトが、8月31日(金)にオールド・トラッフォードで行なわれるマンチェスター・ユナイテッドとストーク・シティーとのU-23の一戦に出場することをMUTVに語った。また、フィル・ジョーンズの負傷、マルコス・ロホの練習復帰についても、監督は言及した。

U-23の一戦はMUTVが中継する予定で、今夏クラブに加入したダロトにとっては初の試合出場になる。ダロトは、昨季まで所属したFCポルト時代に膝を痛めて欠場を続けていた。

アルゼンチン出身のセルヒオ・ロメロは、昨季最終節のワトフォード戦から欠場を続けている。同じく膝を負傷したロメロは、今夏のワールドカップを欠場した。

アルゼンチン代表としてワールドカップに出場したロホは、同大会で負傷。今夏はプレシーズンゲームにも出場していない。

また監督は、MUTVのスチュワート・ガードナーとのインタビューで、フィル・ジョーンズがトッテナム戦でハムストリングを痛め、日曜のバーンリー戦を欠場することも明かした。

監督は「想像通り、ジョーンズは負傷した」とコメント。そして「ダロトとロメロは今夜オールド・トラッフォードでのU-23戦に出場する。膝の手術を受けてから初の実戦になる。彼らには実戦経験が必要だった。今日の試合が終わればインターナショナルウィークを迎え、彼らのコンディションは整うだろう」と、続けた。

「マルコス・ロホは、数日前からチームでの練習を始めたところだ。まだ試合には出られないが、練習している」

その他ユナイテッドでは、スパーズ戦からアンデル・エレーラ、ネマニャ・マティッチ、アントニオ・バレンシア、アレクシス・サンチェスが復帰した。

バーンリー情報

 元ユナイテッドの2選手を含む5選手が欠場する可能性もある。アンデルス・リンデゴーアとロビー・ブラディは、大腿部、それからハムストリングの負傷により欠場が濃厚。

GKのニック・ポープは肩の負傷の治療を続け、中盤のキーマンであるヨーハン・ベルク・グズムンドソン(ハムストリング)、スティーヴン・デフォー(ふくらはぎ)も欠場が見込まれている。

オリンピアコスとのヨーロッパリーグ・プレーオフ第1戦でレッドカードを受けたベン・ギブソンは、1-1のドローに終わった木曜の第2戦で出場停止。バーンリーは2試合合計4-2で敗れた。クラブ史上最高額の移籍金で加入したギブソンは、ユナイテッド戦に出場するかもしれない。

もし今節ベン・ミーが出場すれば、プレミアリーグ通算100試合の節目となる。

試合を見るには

日本時間9月3日(月)0:00開始の試合は、ManUtd.com、もしくはGoogle PlayかAppleのApp Storeからダウンロード可能なクラブ公式アプリでライブ速報を配信する予定だ。