click to go to homepage
監督

監督がダービーを総括

ジョゼ・モウリーニョ監督は、エティハド・スタジアムで行なわれたマンチェスター・シティー戦の結果について、ミスの代償を支払ったと形容した。

試合後にMUTV、Sky Sports、会見で語った監督は、守備でのミス、そしてダービーまでの厳しい日程の影響もあったと主張した。

ミスが伴ったパフォーマンス
悪いパフォーマンスではなかった。決してね。悪いパフォーマンスと、ミスが伴うパフォーマンスとがある。今日の我々のパフォーマンスは後者だ。決められた3ゴールは、いずれもミスから生まれたものだった。その代償を支払った。80分くらいまでは試合に入れていた。それはホームチームのサポーターも感じていただろう。ただ、3つ目のミスに罰せられた。今日の結果は、チームに相応しくないと思う。

チームの気持ちの強さは素晴らしかったし、全員が努力していた。(マルアン)フェライニは90分プレーすべき状態ではなかった。彼にとってあまりにも長過ぎた。本来なら、試合終盤にベンチから出場すべきだったが、ポール(ポグバ)の欠場があったので、そうするしかなかった。我々にとって簡単な1週間ではなかったが、選手たちには、以前より良いパフォーマンスができていると伝えたところだ。以前よりも力強く、コンパクトにプレーできている。この敗戦で気落ちするわけにはいかない。確かに残念だが、そこまで落胆する必要はない。2週間後にはホームでクリスタル・パレスと対戦する。次の試合から、また勝ち点を取らないといけない。

マルシャルのPK
PK後に全て変わった。ペップ(グアルディオラ)も、相手も変わった。違いを感じたからこそ、彼らはカウンターアタックを仕掛けるチームになった。それができるだけのチームだ。(リロイ)ザネを投入して、(ラヒーム)スターリングを前線に配置した。そして(イルカイ)ギュンドアンを中盤に置いて、動ける選手を使って、より安定したプレーをしようとしていた。それができるだけの力のあるチームだ。全員が違いを感じ取っていた。

対照的な日程
(ミッドウィークの遠征を)言い訳にはしない。それは私ではないからね。それでも、敵地でユヴェントスとチャンピオンズリーグで対戦し、世界でもベストなチームの一つと94分も戦えば、肉体的にも精神的にも疲弊することは誰でも納得してくれるだろう。それに対して、相手はホームでシャフタール・ドネツクと対戦し、試合を楽しみ、完全にリラックスできていた。シティーが良いチームではない、と言いたいわけではない。私はただ、この試合に至るまでの状況が異なったと言っているだけだ。

ポグバの欠場
出場しなかった選手について話すべきではない。もちろん、彼(ポグバ)の欠場は残念だったし、プランへの影響もあった。フェライニを先発で起用しなければならなかったわけだからね。彼は90分プレーできる状態ではない。素晴らしい努力をしてくれたが、そういうコンディションにはいない。通常、今日のような試合では終盤に彼を投入する姿が想像できると思う。2-1の状況で、残り25分からフレッシュな彼を送り出すことが、チームにとって重要なんだ。

シティー 3-1 ユナイテッド article

今回のダービーを制したのはマンチェスター・シティー。

敗戦を分析
今日の試合を分析するにあたって、スタッツを見て意見を言う人もいる。それは、フットボールを理解していない連中だ。私はスタッツではなく、自分が感じたこと、見たことで分析する。今日は80分くらいまでは試合に入れていた。

ミスをしたわけで、悪いパフォーマンスだったわけではない。ミスが伴うパフォーマンスは別物だ。ミスを犯し、その代償を支払った。しかし、パフォーマンス、メンタリティ、一体感、自信は我々が構築しているものだ。試合に負けたからといって、それらを失うわけではない。