click to go to homepage
ラッシュフォード

データで振り返るPSG戦

マンチェスター・ユナイテッドは、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ、ラウンド16第2戦の対パリ・サンジェルマン戦で劇的な勝利をおさめた。これは数々の栄光に彩られたクラブの歴史の中でも格別な名戦だといえるだろう。

パルク・デ・プランスでのレッズの歴史的勝利からは、多くのポジティブな要素があぶり出される。

単に感情を揺さぶられるドラマチックな展開だったというだけでなく、興味深いデータもそれを証明している。ここでは、その中からいくつかをピックアップした。


#MUTrivia
言う

ユナイテッドは、チャンピオンズリーグ史において、ホームでの初戦を2点以上の点差で敗れたのちに次ラウンドに勝ち抜けた初のチームである

#MUTrivia
言う

レッズがチャンピオンズリーグの決勝トーナメントのアウェイゲームで2点以上得点したのは2010-11シーズン、準決勝のシャルケ04戦以来

#MUTrivia
言う

ロメル・ルカクが決めた1点目は、ユナイテッドのチャンピオンズリーグ決勝トーナメントにおいては、2010年のバイエルン戦でウェイン・ルーニーが63秒で決めたゴールに次ぐ最速

#MUTrivia
言う

決勝点となったマーカス・ラッシュフォードのPKは、ラッシュフォードのファーストチームでの公式戦で初

#MUTrivia
言う

ユナイテッドは、全コンペティションあわせて21試合連続でアウェイ戦で得点している。これは1956年11月から1957年9月にかけての最多記録に並ぶ

#MUTrivia
言う

メイソン・グリーンウッドはチャンピオンズリーグでプレーしたユナイテッドの最年少選手(17歳156日)

#MUTrivia
言う

ユナイテッドがアウェイゴールのアドバンテージで勝利したのはクラブ史上2回目。1度目は、83-84シーズンのカップ・ウィナーズ・カップ第1回戦

#MUTrivia
言う

PSG戦で2得点をあげたロメル・ルカク。3試合連続で2ゴールを決めたのはルカクにとって初

おすすめ:

  • PSG 1-3 ユナイテッド article

    アウェイで劇的な逆転に成功し、ユナイテッドがチャンピオンズリーグ準々決勝に進出。

  • PSG戦ハイライト動画