ユナイテッド

ラッシュフォードが負傷

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、マーカス・ラッシュフォードがウェストハム戦で鼠蹊部を痛めたことを明かした。ラッシュフォードは、検査を受ける予定になっている。

ラッシュフォードは、ウェストハム戦の60分を過ぎたあたりで、相手と接触したわけではなかったものの、ボックス内で倒れた。これにより、アントニー・マルシャル、ポール・ポグバ、ルーク・ショーと同様に負傷離脱。メイソン・グリーンウッドは、扁桃炎のためにウェストハム戦を欠場した。

試合後MUTVとのインタビューと会見でラッシュフォードの状態について聞かれた監督は、次のように答えた。

「鼠蹊部を痛めたようだ。明日、検査を受けさせる。私は医師ではないので、どのくらい欠場するようになるかはわからない。だが、しばらくは出られないと思う」

「メイソンとアントニーには、アーセナル戦で復帰してもらいたい。ロッチデール戦にも、少なくともどちらかは出場してもらいたい」

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。

おすすめ: