ショー

「PSG戦に必要なのは自信」

マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダー、ルーク・ショーは、彼自身のポジティブな姿勢と、チームがアウェイゲームで好調を維持していることが、運命を左右する水曜夜のパリ・サンジェルマン戦に向けての大きな自信になると話した。

レッズがUEFAチャンピオンズリーグからの敗退を免れるには、2点差以上でPSGに勝利する必要がある。しかし現在のアウェイ8連勝は、レッズの可能性を後押しするものだとショーはとらえている。

「ものすごく大きいよ。そして、それこそがいまこの瞬間で一番大切なことだ。僕らは2-0でリードされている状態にあるけれど、チームはポジティブで自信に満ちている。(勝つためには)特別なものを引き出す必要があるけれど、僕たちは、自分たちにはそれができると感じているんだ」

「敵陣に乗り込んで結果を出して次のラウンドに進む、という確固たる自信が僕らにはある」

パレス
水曜のクリスタル・パレス戦に勝利し、ユナイテッドのアウェイ8連勝に貢献したショー

クラブの歴代新記録となったアウェイ8連勝の間、レッズはわずか3失点しかしていない。この堅調な守備がPSG戦でも重要であるとショーは確信している。

「絶対に失点しないことが重要だ。とくに試合の序盤でね」

「もし僕たちが先制点を入れたら、とたんに状況は一変するだろう。相手もそれを感じとるし、そこでゲームの様相は完全に変わる」

「90分は長いから、何が起こるかは予測できない。もし早い時間帯に得点をゲットできたら、僕らの自信もさらに倍増する」

「僕たちは、いまのこの状況を継続できると感じている。とくにアウェイゲームでね」

12月にオーレ・グンナー・スールシャールが指揮をとってから、ユナイテッドは好調を持続し、16試合で13勝している。唯一の敗戦は、3週間前にホームで対戦したPSG戦だ。

オールド・トラッフォードで0-2で勝利をおさめたPSGは優位に立っているが、ユナイテッドの選手たちはシーズン序盤のグループリーグでの経験からもインスピレーションを得られるだろうとショーは感じている。

「まずはしっかり守ること。そしてチャンスが来たら、絶対に逃さないこと。ユベントスとのアウェイ戦でのときのようにね。あれば稀にみるタフな試合だった」

「あの試合で得た良い感触を思い出して、それをPSG戦に生かすことだ」

「僕たちには素晴らしい攻撃手がいる。チャンスメイクできる選手や、とんでもないゴールを決められるような選手がね。僕らのチームは万全だよ」

ショー
昨年11月のユベントス戦で決勝点を喜ぶショーとアシュリー・ヤング

ショー自身は、評価される自分のパフォーマンスについては強調することはせず、ただフットボールを楽しんでいると語る。

「僕が変えた部分について、ピンポイントで指摘するのは難しいな。なにかを大きく変えたというわけではないから」

「それよりも、自信の部分や、自分自身が楽しむことを思い出したことが大きいと思う。それは監督のおかげによるところが大きい」


ショー
Aonトレーニング・コンプレックスでの毎日が楽しいと話すショー

「彼が着任してから、僕のことを本当によくサポートしてくれているんだ。もちろん他の選手のこともね」

「この職業につけていることは、本当に幸運だと感じる。でも、他の仕事と同じように、日々のことになると、自分が楽しむ工夫をする必要がある。楽しめば楽しむほど、良い結果がついてくる。チームのみんながいまそれを実践していると思う」

「いま本当に、ポジティブな空気なんだ。それはピッチ上に表れていると思うけど、ピッチの外でも同じなんだ。自分たちを取り巻く環境がすごく良くなってきていると感じている」

「だけどそのことにあぐらをかかずに、努力し続けることが大事だ。しっかりフォーカスして、思う存分フットボールを楽しむことがね!」

おすすめ: