ショー

ショーがサー・マット・バズビー年間最優秀選手賞を受賞

選手が選ぶ年間最優秀選手賞に続いて、ルーク・ショーが2018-19シーズンのサー・マット・バズビー年間最優秀選手賞に輝いた。

クラブ公式アプリで実施された投票の結果、ショーが最多票数を獲得。ビクトル・リンデロフが次点で、ポール・ポグバが3番目に多い票数を獲得した。

ルークは、ダビド・デ・ヘアと同様に、選手が選ぶ年間最優秀選手賞、そしてサー・マット・バズビー年間最優秀選手賞を同時受賞。デ・ヘアは昨季も含め、直近4シーズンで3度同時受賞を果たした。同時受賞について聞かれたショーは「本当に嬉しい。でも、(個人の)トロフィーをもらうより、チームとしてもっと良いシーズンを送りたい。僕たちは前を向かないといけないし、来シーズンに集中しないといけない」と語った。

「オーレの仕事は素晴らしかった。良い時も悪い時もあったけれど、監督はプレシーズンを楽しみにしている。来シーズンに向けて選手たちにしっかりとした準備をさせようとしている。僕たちも、監督としての彼と、フレッシュな気持ちで来シーズンに臨みたい」

ショー
2018-19シーズンを通して好パフォーマンスを披露したルーク

ショーが選出された理由

ユナイテッドにとっては厳しいシーズンとなったが、突出したパフォーマンスにより、ルークがファンから最も支持された。

今シーズンは、8月、9月、そして3月にユナイテッド月間最優秀選手賞を受賞。今週末のカーディフ・シティー戦を前に、ショーは40試合に出場している。今シーズンは負傷、そして出場停止も経験したが、これはユナイテッドでのキャリアで過去最多の数字だ。

また、23歳のショーは、ゴールレスドローに終わった2月のリヴァプール戦、2-1で勝利した3月のワトフォード戦のマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれた。

ルークは、レスター・シティーとの2018-19シーズン開幕戦でキャリア初ゴールをマーク。

ウェストハム戦とワトフォード戦ではマーカス・ラッシュフォードのゴール、クリスタル・パレス戦ではロメル・ルカクの先制点、そしてチェルシー戦ではフアン・マタの得点をアシストしてみせた。

昨年10月には、2023年6月までの新契約を締結。新契約には、1年の延長オプションも付けられている。

2015年9月のPSVアイントホーフェン戦で足を骨折したルークにとって、今シーズンは復帰後もっとも安定した1年になったと言える。クラブで好調を維持したことで、イングランド代表からも再び招集されるようになった。

動画
ショー
8月のレスター戦でのルークの初ゴール

受賞者として壇上に上がったショーは、MUTV司会のアンディ・ゴールドステインとヘレン・エバンスに「ファンの投票で選んでもらえたのだから、(サー・マット・バズビー年間最優秀選手賞)は特別なこと」と語った。

「ファンは、辛い時にも支えてくれた。それに、いつだって僕のことを信じてくれた。今も信じてもらえて嬉しいし、投票してもらえて嬉しい」

「2つのトロフィーをもらえて誇りに思う。ただ、僕はまだまだやれる。そう信じているんだ」

近年のサー・マット・バズビー年間最優秀選手賞受賞者

2017-18:ダビド・デ・ヘア
2016-17:アンデル・エレーラ
2015-16:ダビド・デ・ヘア
2014-15:ダビド・デ・ヘア
2013-14:ダビド・デ・ヘア
2012-13:ロビン・ファン・ペルシー
2011-12:アントニオ・バレンシア
2010-11:ハビエル・エルナンデス
2009-10:ウェイン・ルーニー
2008-09:ネマニャ・ヴィディッチ

おすすめ: