ユナイテッド

3月の月間最優秀選手賞候補

マンチェスター・ユナイテッド3月の月間最優秀選手候補に、4選手が選出された。

新型コロナウイルスの世界的な大流行に伴い、欧州フットボールは4月上旬まで中断されることになったため、普段よりも早くクラブ月間賞を決める。オーレ・グンナー・スールシャール監督のチームは、ここ11戦無敗で、直近4試合で3勝、失点わずかに1という数字を残している。

3月は、9選手による11ゴールをマーク。守備陣の活躍も目立ち、3試合でクリーンシートを達成した。

今月の月間最優秀選手賞候補は、ブルーノ・フェルナンデス、オディオン・イガロ、ハリー・マグワイア、フレッジの4選手。ルーク・ショーとスコット・マクトミネイも、候補として検討された。

投票方法

月間最優秀選手賞は、クラブ公式アプリで投票を実施。

投票は土曜に締め切られ、受賞者が発表される。

候補選手のパフォーマンス

ブルーノ・フェルナンデス

1月に加入したばかりのフェルナンデスだが、絶好調を維持。2月のクラブ月間最優秀選手賞を受賞した。3月も、ユナイテッド加入後としては初めて流れの中からのゴールをマーク。グディソン・パークでのエヴァートン戦で、遠目からのシュートを突き刺し、同一戦の前半は、今シーズン最高の前半と称賛された。マンチェスター・シティーとのダービーでも、寸分違わぬチップパスにより、アントニー・マルシャルの先制点をアシスト。そしてLASK戦ではイガロのゴールをアシスト。アウトサイドから右足でお膳立てした。想像力豊かな魔法使いがピッチに立てば、冴えないプレーなど見られない。

レッドホット・フェルナンデス動画

オディオン・イガロ

加入早々にして素晴らしいインパクトを残している! 30歳のイガロは、上海緑地申花から期限付きで加入後3試合で先発出場し、全試合でゴールを決めている。3月のダービー・カウンティー戦で2ゴールを決めてエミレーツFAカップ準々決勝進出に貢献すると、5-0で完勝したヨーロッパリーグ・ラウンド16 第1戦、リンツでのLASK戦では豪快な一撃を決めた。興味深いのは、いずれのゴールも利き足とは逆の左足で決めたということ。プレミアリーグでの初ゴールを決めたいオディオンは、エヴァートン戦で絶好のチャンスを得たが、決められなかった。マンチェスターダービーでも、交代出場ながら敵陣深くで起点となったばかりか、重圧のかかった場面でも落ち着いてプレー。すでにユナイテッドファンの間でも、カルト的な人気を誇っている。

イガロ vs ダービー動画

ハリー・マグワイア

加入後ディフェンス陣の中でも頼れる存在だが、キャプテンに就任後、ますます力強さを増している。ハリーの3月は、グディソン・パークでの空中戦無双からスタート。後半だけで13度もクリアーを成功させ、試合を通じて15度もピンチを救った。ダービーとのFAカップは足首の負傷により欠場したが、その3日後のマンチェスターダービーで復帰。無観客で行われたオーストリアでのLASK戦でもリーダーシップを発揮し、3試合連続のクリーンシートに貢献。ここ数ヶ月でディフェンスが著しく改善されたことを考えれば、彼が候補に選出されるのは当然だろう。

マグワイア空中戦 vs エヴァートン動画

フレッジ

1月の月間最優秀選手賞に輝いたフレッジは、絶好調をキープしている。その運動量、貢献度は疑いようがないレベルにある。シティーとのダービーでは、出場した誰よりも走り、オレクサンドル・ジンチェンコの股を抜くパスも決めた。ニコラス・オタメンディにペナルティエリア内で倒されたシーンは、PKが与えられるべきだっただろう。LASK戦でもフアン・マタに素晴らしいボールを出し、アンドレアス・ペレイラのロングシュートもアシスト。レギュラーの座を掴んだフレッジは、中盤でフェルナンデスとの好連携により、レベルアップしている。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: