click to go to homepage
ジョゼ

決勝T進出がかかった大勝負

UEFAチャンピオンズリーグ、グループリーグ第5戦のヤングボーイズ戦を目前に控えた月曜、マンチェスター・ユナイテッドはAonトレーニング・コンプレックスでメディア公開練習を行った。

UEFAの規定により、トレーニングの最初の15分間のみ、カメラ撮影が許された。

当然ながら、戦術練習といった機密部分は公開されないが、全体練習に参加した選手たちの顔ぶれをチェックすることはできる。

ヤングボーイスに勝利し、同時にバレンシアがユヴェントスに勝つことがなければ、この試合でユナイテッドの決勝トーナメント進出が決まる。

第4節でユヴェントスに2-1で勝利したユナイテッドは、現在7ポイントでグループ2位につけている。一方、現在まで1ポイントに留まっているヤングボーイスは、グループ3位に食い込んでヨーロッパリーグ出場を可能にするためにも、オールド・トラッフォードでは勝ち点3を獲ることが必須となる。

全体練習に参加していなかったのは?

土曜のクリスタル・パレス戦で負傷したビクトル・リンデロフはトレーニングには参加していなかった。

試合後モウリーニョは、「彼は勇敢な男だ。限界まで出し切った結果だろう。すばらしい見本だ」とスウェーデン人DFを労った。

パレス戦で右サイドバックでフル出場したマッテオ・ダルミアンの姿も見えなかった。マルコス・ロホの姿もなく、ヤングボーイス戦での復帰はなさそうだ。

グループ勝ち抜けに王手

ヤングボーイス戦に勝ち、バレンシアがユヴェントスに勝たなければユナイテッドのラウンド16が決まる。フアン・マタはこの試合の重要性を感じている。

「オールド・トラッフォードでクリスタル・パレスと引き分けた残念さはまだ拭えていない。けれど僕らは次のヤングボーイス戦にフォーカスしている。他に言えることがあればそうしたいけれど、実際これしかないんだ。無念を晴らすためには、次の試合に臨むことしかない、ということ。それに今回はほんの数時間後にそのチャンスがやってくる。この試合には、チャンピオンズリーグで次のステージに勝ち進むためのチャンスがかかっている」とマタはブログに綴った。

マルシャル
トレーニングで笑顔を見せるマルシャル

ヤングボーイスに失うものはない

9月のヤングボーイスとの第1戦めでは、アントニー・マルシャルがゴールを決め、ユナイテッドは3-0で勝利した。この日の練習でも、マルシャルはカメラマンたちに向かって元気な笑顔を振りまいた。

「この試合が楽なわけはない。むしろその逆だ。彼らはすべてを出してくることだろう。でも、すべては自分たちがしっかり集中できるかにかかっている。この試合の結果次第で、次ラウンド進出を決めることができる。だから何が何でもこの試合に勝つこと、そして僕たちのためにユヴェントスにも頑張ってもらわないとね!」

クラブのオフィシャル・マガジン United Review とのインタビューでマルシャルはそう意気込みを語っている。

ヤングボーイス戦直前チーム情報 article

ヤングボーイス戦にはリンデロフとロホは欠場、ダルミアンも起用できないかもしれない状況にある

「序盤から高いインテンシティが必要」 article

クリス・スモーリングは、0-0で引き分けたクリスタル・パレス戦の後、試合序盤からチャンスを確実にものにすることの重要性を強調した。

リンデロフが負傷 article

パレス戦で負傷したリンデロフの状態について、監督がコメント。