レッズ

2020-21シーズンの新ホームユニ発表!

アディダスとマンチェスター・ユナイテッドは本日4日、2020-21シーズンのホームユニフォームを発表した。この新キットのデザインは、クラブの象徴であるクレストにインスパイアされたものだ。

アディダスのデザイン・ディレクター、インディゴ・ターナーのコメント:「今シーズンは、競技者とファンを結びつける象徴的な図像やバリューはなにかをリサーチした上で、これらとモダンさや新機軸を掛け合わせ、人々とスタンドを一体化させるものを作り出すことを念頭に置いてデザインしました。

その上で、真っ先に取り上げようと思ったのはクレストです。クレストはクラブのハートや情熱の象徴です。そして世界中に、クラブのアイコンとして認識されています。よって、まずはこれを2020-21シーズンのユニフォームのベースに置き、そこから全体のデザインを絡み合わせていきました」。

2020-21シーズン、新ユニ誕生動画

オーレ・グンナー・スールシャール監督とチームにとって、大切な礎となっている『マンチェスター・ユナイテッドのDNA』。2020-21シーズンのホームジャージは、このクラブのDNAを封じこめるべく、クレストの刺繍に使われている糸を、生地の地模様に織り込んだ。

複雑なデザインをシャツの上に表現するためには、精巧なグラフィック・プリントの技術を駆使し、微細な模様を色付けされた背景の上に落とし込んだ。さらにクラブの名前も、いくつか違ったトーンの赤色に堂々と刻まれている。

制作チームは、この絶妙なニュアンスのデザインを表現するのに、「スペース・ダイ」と呼ばれる、織糸を別々に、それぞれの長さごとに染め上げていく革新的な染色テクニックを使用。これにより、深みがあって、さらに着ている者だけがディテールのすべてを見ることができるというユニークなデザインを完成させた。

サポーター用のジャージに加え、子供用とレディース用もそれぞれに向けてデザインされている。

シャツと合わせるショーツは白、ソックスは黒で、いずれも同様の地模様があしらわれている。このシャツは、明日(5日)のオールド・トラッフォードでのUEFAヨーロッパリーグ、ラウンド16の第2戦、対LASK戦で初お目見えする。

この新ユニフォームは、今日からadidas.com/football 、アディダスストア、オフィシャルクラブショップ、United Direct で購入できる。

8月11日からは、さらに多くの販売店でも発売が開始される。