ポグバ

アウェー戦連続無敗試合が1999年以降最長に

カラバオカップ4回戦のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で勝利をおさめたマンチェスター・ユナイテッドは、アウェー戦での連続無敗を16試合に伸ばし、1999年以来の最長記録を達成した。

1月にリヴァプールに2-0で敗れたのを最後に、オーレ・グンナー・スールシャール監督率いるレッズは、アウェー戦で13勝3分と、ここまで無敗を継続している。この中には中立地で行われたFAカップ準決勝のチェルシー戦とヨーロッパリーグ準決勝のセビージャ戦は含まれていない。

ブライトンの本拠地アメックス・スタジアムでは5日間で2試合をこなし2勝した。これにより、サー・アレックス・ファーガソン監督時代に記録した、2000年の2月から9月にかけての15試合連続無敗を更新した。

16試合無敗は、1956年の2月から10月にかけてサー・マット・バスビー監督率いるバスビー・ベイブたちが達成した記録に並んだ形だ。

ブルーノ
ブルーノ・フェルナンデスが入団した1月以来、ユナイテッドはアウェーで負けていない

しかし、ファーガソン時代に、それを超える記録が2つ残されている。

1993年9月、リーグカップでストーク・シティーに敗れた後は、1994年4月のブラックバーン戦(2-0)まで、欧州カップ戦も含めて20試合、アウェーでは負け知らずだった。

そして、現在までのクラブ史上最多は、トレブルを達成したシーズンの21試合だ。

1998年12月、トッテナムにリーグカップで敗れた試合を最後に、ユナイテッドはアウェーでの無敗を継続。アーセナルやチェルシー、ユヴェントスらも敵陣で破り、ノッティンガム・フォレストには8-1と大勝をおさめた。

1999年10月、スタンフォード・ブリッジでチェルシーに敗れた試合は、305日ぶりのアウェーでの黒星だった。

果たしてオーレの軍団は21試合無敗記録を超えることができるだろうか?この後のアウェー戦は、プレミアリーグではニューカッスル、エヴァートン、サウザンプトン、ウェスト・ハム戦と続き、その間、チャンピオンズリーグでは3試合を敵陣で行う。

ユナイテッドのアウェー戦無敗記録

21試合:1998年12月~1999年9月
20試合:1993年10月~1994年3月
16試合:1956年2月~1956年10月
16試合:2020年1月~継続中
15試合:2000年2月~2000年9月


現在継続中のアウェー戦無敗記録

4つのコンペティションで、14のスタジアムでの対戦によるもの。そのうち、ブライトンには3ヶ月の間で3勝をおさめている。最初の6試合はCOVID-19の感染拡大以前の、ファンのいるスタジアムでの試合だった。

2019-20シーズン

1,トランメア 0-6 ユナイテッド(FAカップ 以下FAC)
2,マンチェスター・シティー 0-1 ユナイテッド(カラバオカップ 以下CC)
3,チェルシー 0-2 ユナイテッド(プレミアリーグ 以下PL)
4,クラブ・ブルージュ 1-1 ユナイテッド(ヨーロッパリーグ 以下UEL)
5,エヴァートン 1-1 ユナイテッド(PL)
6,ダービー 0-3 ユナイテッド(FAC)
7,LASK 0-5 ユナイテッド(UEL)
8,トッテナム 1-1 ユナイテッド(PL)
9,ノリッジ 1-2 ユナイテッド(FAC 延長戦)
10,ブライトン 0-3 ユナイテッド(PL)
11,アストン・ヴィラ 0-3 ユナイテッド(PL)
12,クリスタル・パレス 0-2 ユナイテッド(PL)
13,レスター 0-2 ユナイテッド(PL)

2020-21シーズン

14,ルートン 0-3 ユナイテッド(CC)
15,ブライトン 2-3 ユナイテッド(PL)
16,ブライトン 0-3 ユナイテッド(CC)

新シーズン到来!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ: