ユナイテッド

10月の月間MVP投票

木曜日 29 10月 2020 15:00

10月のマンチェスター・ユナイテッド月間最優秀選手賞候補が発表された。

10月はトッテナム・ホットスパーに6-1で大敗したところからスタートしたが、インターナショナルブレーク以降ニューカッスル、パリ・サンジェルマン、RBライプツィヒに勝利し、チェルシーとも引き分けた。

スパーズ戦以降の4試合で11ゴール、失点はわずか2点(しかもいずれもオウンゴール)に抑えた。

PSG戦でのアーロン・ワン・ビサカ、アクセル・トゥアンゼベ、そしてビクトル・リンデロフも2020-21シーズン初の2試合連続クリーンシートに貢献するなど、目を見張る個人パフォーマンスが見られた。

だが、月間最優秀選手賞候補には、以下の3選手を選出した。

ライプツィヒ戦ハイライト 動画

ライプツィヒ戦ハイライト

ラッシュフォードのハットトリックと、グリーンウッド、マルシャルのゴールで快勝した、オールド・トラッフォードでのCL戦のハイライト映像

マーカス・ラッシュフォード

ピッチ外でも食事に困っている国内の子供たちのために活動し、大英帝国勲章を受賞したが、10月はピッチの上でも素晴らしい活躍だった。ライプツィヒ戦では、シニア初のハットトリックを達成し、PSG戦の決勝点を含む5試合で5ゴールをマーク。ニューカッスル戦で側溝から決めたゴールも冷静なフィニッシュから生まれたもので、同試合では2アシストも決めている。

注目スタッツ:PSGのキリアン・ムバッペの記録を更新し、チャンピオンズリーグ史上最速(交代出場から27分)でハットトリックを達成した。

フレッジ

ビッグゲームに強いフレッジは、10月の大半の試合でスコット・マクトミネイと中盤を形成し、パリでの勝利、ニューカッスル戦の勝利に貢献した。ポジショニングも抜群で、中盤での運動量は目を見張るものだった。ライプツィヒ戦でスポットライトの中心にいたのはラッシュフォードだったかもしれない。しかし、フレッジが中盤で効果的なプレーを見せたおかげで、ブンデスリーガ首位を撃破できた。

注目スタッツ:今シーズンはフレッジが先発出場した試合で5勝1分と負けていない。

ユナイテッド 5-0 ライプツィヒ article

メイソン・グリーンウッド、マーカス・ラッシュフォードのハットトリック、アントニー・マルシャルの得点でチャンピオンズリーグ2戦2勝!

ブルーノ・フェルナンデス

今年の1月に加入したばかりとはいえ、月間最優秀選手賞候補は定位置! 候補から外れたのは一度のみだが、それも当然だ。ファンからも支持され、パフォーマンスでも実力を十二分に発揮している。PSG戦では初めてキャプテンを任され、ニューカッスル戦でPKを失敗していたにもかかわらず、その数日後に訪れたチャンスに自らキッカーを務めた。ケイロル・ナバスに防がれたものの、ラインを超えていたと判定され、改めて蹴ったPKを落ち着いて成功させている。ニューカッスル戦ではゴールとアシストを決め、ライプツィヒ戦でも交代出場後にインパクトを残した。

注目スタッツ:2月にデビューしたばかりだが、オーレ・グンナー・スールシャール監督のチームでフェルナンデスよりアシスト(12)を決めている選手はいない。

動画
ニューカッスル戦でカウンターからゴールを記録

投票方法

クラブ公式アプリで投票に参加が可能。

投票結果は、土曜の日本時間21:00に発表される。

アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ: