ユナイテッド

最新チーム情報

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、若手のアクセル・トゥアンゼベが近くファーストチームの練習に復帰できることを明かした。

アカデミー出身のトゥアンゼベは、木曜にAonトレーニングコンプレックスでの練習に参加。同選手は、2019年12月から欠場を続けている。

1年前のカラバオカップ、対ロッチデールでキャプテンを務めたトゥアンゼベは、今年の6月に復帰予定だったものの、ケガが悪化し手術を受けた。

それでも順調に回復しているようで、オーレは10月のインターナショナルウィーク明けには練習に復帰できると見ている。

オーレはクラブメディアに「チーム練習に参加できる日は近い。芝の上で練習しているので、インターナショナルブレーク後には練習に加われるだろう」と語った。

「ロックダウン期間中も彼は一生懸命にやっていた。しかし再開後に足に痛みを訴え、手術を受けた」

「彼は復帰に燃えている。楽しみだ」

監督は、フィル・ジョーンズ以外はコンディションに問題がないとも話している。

3-0で勝利したカラバオカップでのルートン・タウン戦では思い切ったローテーションを行い、通常よりもシーズンオフが短かったため、選手に必要な出場機会を与えた。

キャプテンのハリー・マグワイアのみが開幕戦に続いて先発で起用されたが、ディーン・ヘンダーソン、エリック・バイリー、フアン・マタ、ジェシー・リンガードらはケニルワース・ロードで先発出場の機会を与えられた。

明日、ユナイテッドはザ・アメックスで今シーズンのプレミアリーグで初の勝ち点を狙う。監督は、チームのコンディションは試合を重ねるごとに良くなると話している。

金曜の朝、監督は「選手たちはこれからどんどん良くなる。よりシャープさが増す」と、クラブメディアに語った。

「どんどん良くなる。ただ、3週間も待つわけにはいかない。すぐに結果を残す必要がある」

ブライトン情報

2019年11月以来のリーグ戦連勝を狙う相手だが、ニューカッスル戦の終盤に退場したイヴ・ビスマが出場停止のまま。

グラハム・ポッター監督は、木曜の会見で新たな負傷者が出ていないと述べたため、長期欠場中のホセ・イスキエルドとフロリン・アンドネ、クリスティアン・ウォルトンのみが出場できない状態だろう。

ポッター監督は「問題ない。水曜の試合(プレストン)に出場した選手には回復してもらう必要がある。それは普段と変わらないことだが、大半の選手がユナイテッド戦に間に合う」と答えた。

「タリック・ランプティは今週治療を受けたが、木曜の練習に参加した。アダム・ララーナも今週トレーニングに参加しているので、出場停止のビスマ以外は問題ない」

2017年からブライトンでプレーしていたデール・スティーブンスは、木曜にバーンリーに移籍した。

新シーズン到来!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ: