click to go to homepage
監督

移籍市場最終日について監督が言及

ジョゼ・モウリーニョ監督は、レスター・シティーとの開幕戦前日の会見で、現地9日(木)の17:00に閉まる移籍市場に関して質問を受けた。

マンチェスター・ユナイテッドは、今夏ディオゴ・ダロト、フレッジ、リー・グラントと契約した。その他のターゲットについても憶測報道が飛び交った中、監督は、開幕戦を翌日に控えた今、移籍市場については考えないと語った。

「確信はないし、移籍市場は今日閉まる」と、監督。「少なくとも私にとっては時間がきたのと同じで、移籍市場については考えない。マーケットは閉まる。私は、今チームにいる選手たちで開幕からの数試合を戦うために集中しないといけない」

5試合の日程が変更 article

10月と11月の5試合の日程がテレビ中継の関係で変更になった

「大変なのは開幕からの3試合だろう。スパーズ戦の後にはインターナショナルブレークを挟む。負傷している選手たちも回復期間として使えるし、他の選手も良い準備ができる。出場可能な選手たちのことだけに集中できる。だから今は、負傷した(ネマニャ)マティッチ、(アントニオ)バレンシアらについては考えていない。今いる選手たちで開幕戦を戦わないといけない」

会見で、移籍市場最終日に獲得する選手、退団する選手が現れないかを聞かれた監督は、「私が知っている情報では、何も起こらない」と答えた。

監督
シャフタール・ドネツクから加入したフレッジ