ユナイテッド

ユナイテッド 0-0 チェルシー

土曜日 24 10月 2020 20:39

マンチェスター・ユナイテッドは、オールド・トラッフォードでチェルシーと対戦し、0-0のスコアレスドローに終わった。プレミアリーグでのホーム初勝利は、再びお預けとなった。

オーレ・グンナー・スールシャール監督、そしてフランク・ランパード監督の両チームは、お互いにゴールマウスをこじ開けようと努力したものの勝ち点を分け合っている。

決定機を作ったマーカス・ラッシュフォードだったが、試合終盤に放った回転のかかった軌道のシュートは、エドゥアール・メンディに阻まれた。ユナイテッドでは、新選手のエディンソン・カバーニがデビューを果たし、惜しい場面を作った。

最終的にはドローに納得のいく試合展開となり、今シーズンホームで初の勝ち点を獲得している。

前半 - 相手の攻撃を受けるユナイテッド、ラッシュフォードが決定機を作る

スールシャール監督は、4-1で快勝した前節ニューカッスル戦と同じメンバーで今節に臨んだ。

セントジェームズ・パークでの一戦とは異なりビハインドを背負うことはなかった。しかし、前半に流れを作ったのはチェルシーの方だった。それでも、ユナイテッドは相手に決定的な仕事をほぼ許さなかった。チャンスらしいチャンスといえば、リース・ジェームズのフリーキックに、クリスティアン・プリシッチのシュートくらい。

反対にユナイテッドにとって最大のチャンスは、カウンターアタックからのラッシュフォードのシュート。しかし、これはメンディが伸ばした足に阻まれてしまう。

数分前にはあわやオウンゴールになりかけるひやりとしたバックパスを見せてしまったメンディだったが、フアン・マタのシュートもファインセーブで阻んだ。

後半 - カバーニがデビューも初ゴールとはならず

チェルシーが試合をコントロールする展開は変わらず、スールシャール監督は後半開始から13分後に交代カードを切った。

マタとダニエル・ジェームズに代えて、ポール・ポグバとエディンソン・カバーニを投入。すると、ブルーノ・フェルナンデスのクロスに早速カバーニが反応し、あわやデビュー戦ゴールという場面が見られた。

もし決まっていたら、夢のようなデビューになっていただろう。

互いに均衡を破れないまま試合は続き、69分にはハリー・マグワイアのロングパスからラッシュフォードがゴール前まで運んだものの、ブロックされる。

83分にはメイソン・グリーンウッドがスコット・マクトミネイに代わって出場し、決勝ゴールを狙う。

後半追加タイムに入った直後だった。ラッシュフォードがゴール前でシュートも、メンディにまたも止められてしまい、チェルシーと勝ち点を分け合った。

試合情報

ユナイテッド:デ・ヘア、ワン・ビサカ、リンデロフ、マグワイア(キャプテン)、ショー、フレッジ、マクトミネイ(83分にグリーンウッドと交代)、マタ(57分にポグバと交代)、フェルナンデス、ジェームズ(57分にカバーニと交代)、ラッシュフォード

出場機会がなかったサブ:ヘンダーソン、トゥアンゼベ 、マティッチ、ファン・デ・ベーク

イエローカード:ショー、フレッジ、ラッシュフォード

チェルシー:メンディ、ジェームズ、アスピリクエタ、ズマ、チルウェル、ジョルジーニョ、カンテ、プリシッチ(80分にジイェクと交代)、ヴェルナー(71分にエイブラハムと交代)、ハフェルツ(71分にマウントと交代)

出場機会のなかったサブ:カバジェロ、リュディガー、コバチッチ、ジルー

イエローカード:ハフェルツ

おすすめ: