ユナイテッド

アマド・ディアロがマンチェスター・ユナイテッドに加入

マンチェスター・ユナイテッドは、アタランタからアマド・ディアロを獲得したことを発表した。コートジボワール出身のディアロは、ユナイテッドと2025年6月(1年の契約延長オプション付き)までの契約を結んだ。

昨年の夏の移籍市場最終日だった2020年10月5日にクラブ間合意が発表されてから、移籍の正式決定はメディカルチェック、労働許可証の取得、選手個人との契約締結次第だった。

これらのステップを踏み、労働許可証の申請も済んだ。これで許可がおりればディアロはマンチェスターに向かい、オーレ・グンナー・スールシャール監督のチームの練習に加われる。

今シーズンの序盤、ディアロはホームゲームでファーストチームの試合に交代出場した。11月28日に行われたセリエAのエラス・ヴェローナ戦では残り10分からプレーし、その数日後にはチャンピオンズリーグでのFCミッティラン戦でも68分から出場した。

18歳のディアロは、アタランタのユースチームでレギュラーとして起用され、シニアレベルでは5試合に出場。2019年10月に行われたウディネーゼ戦でデビューし、同試合で初ゴールを決めている。

オーレ・グンナー・スールシャール監督のコメント以下の通り。

「アマドに関しては、クラブとしても何年も関心を持っていた。私自身も彼のプレーを見ていた。彼は最もエキサイティングな選手の一人だ」

「マンチェスター・ユナイテッドには、若い選手を育てることに関して誇れる歴史がある。アマドのポテンシャルを最大限に生かすための全てが揃っている」

「スピード、視野の部分で対応するには時間がかかるだろう。ただ、ファンタスティックなドリブルの技術は役に立つ。彼には、マンチェスター・ユナイテッドで重要な選手になるために必要な才能が備わっている」

ユナイテッ
U-19でのフィオレンティーナ戦でのアマド

アマド・ディアロのコメントは以下の通り。

「夏から待ち続けて、ようやくマンチェスター・ユナイテッドに移籍する夢がかないました。僕の志は高く、成し遂げたいことも多い。監督とは、自分にとって完璧なクラブに加わったと思っていますと話しました」

「このチームには優れた選手が多く揃っていて、とてもエキサイティングなチームです。日々努力し、チームメートから学び、レベルアップすることを約束します。契約してからコーチとも定期的に連絡を取り合っていて、すでに素晴らしいアドバイスをもらえています」

「移籍が決まるまでの間、心身の準備を整えられました。この素晴らしいクラブに加わるため、一生懸命に努力してきました」

ディアロの背番号は、今週中に発表される予定だ。

おすすめ: