ユナイテッド

ACミラン 0-1 マンチェスター・ユナイテッド

ポール・ポグバのアウェイゴールが決勝点となり、マンチェスター・ユナイテッドがヨーロッパリーグ準々決勝に進出した。

後半のあたまから交代出場したポグバは、そのわずか2分後にサン・シーロの均衡を破るゴールを記録。後半はACミランにとって脅威となったポグバの活躍により、ユナイテッドは2試合合計2-1で勝ち上がりを決めた。

ディーン・ヘンダーソンも堂々たるパフォーマンスで、ズラタン・イブラヒモヴィッチらのシュートを防ぎ、クリーンシートでの勝利に貢献した。

前半 - 互角の攻防

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、日曜にウェストハムとの接戦をものにしたメンバーを変えずに重要な一戦に臨んだ。また、ダビド・デ・ヘア、ポグバ、ドニー・ファン・デ・ベークが復帰してベンチ入りを果たすなど、戦力も充実。対するミランは、ディオゴ・ダロトとイブラヒモヴィッチがベンチ入りを果たした。

ユナイテッドの狙いは試合開始から明確で、序盤からポゼッションを奪い、前に出続ける。13分にはイングランド代表に復帰したばかりのルーク・ショーがブルーノ・フェルナンデスと好連携を見せたものの、ブルーノのシュートは枠をとらえきれない。

オールド・トラッフォードでの第1戦でハンドによりゴールが無効となったフランク・ケシエが15分にシュートも、ヘンダーソンが難なく対応する。

その直後、ダニエル・ジェームズが相手陣内に攻め込み、ペナルティエリア内でフィカヨ・トモリに倒されたが、PKはなし。

徐々に試合のペースを掴み始めたミランがユナイテッドゴールに襲いかかり、アレクシス・サーレマーケルスにシュートを許したが、ヘンダーソンが弾き返す。さらにラデ・クルニッチのシュートは枠外で、前半は無得点のまま終了。この時点では、アウェイゴール差でミランがリードしていた。

後半 - POGBACK!

後半あたまからマーカス・ラッシュフォードと代わって出場したポグバは、左ウィングで起用され、即インパクトを残した。

ボックスを横切るフェルナンデスのパスを受けたアーロン・ワン・ビサカからのクロスは、選手が密集したエリアに入り、フレッジが足を出してボールをキープ。ポグバが足元に収めると、フェイントを挟んでシュート。これがゴールネットを揺らし、貴重なアウェイゴールをゲット。

その2分後、サーレマーケルスが左から切り込んでのシュートもヘンダーソンが対応。その前には、ポグバからのパスを受けたメイソン・グリーンウッドがシュートを放ったが、ゴールキーパーのジャンルイジ・ドンナルンマに阻まれる。

65分には、ユナイテッド から期限付き移籍中のダロト、そしてイブラヒモヴィッチがピッチに登場し、ミランの前線が厚みを増す。その後ケシエにシュートのチャンスが生まれたものの、ビクトル・リンデロフが完璧なタックルで阻止。

ハカン・チャルハノールからのクロスにイブラヒモビッチもヘディングで反応したが、ヘンダーソンがパンチングで弾き返してピンチを脱する。

最後まで闘志を持って戦い続けたユナイテッドがリードを守りきり、2試合合計スコアで勝利。見事に準々決勝進出を決めている。

試合情報

ACミラン:ドンナルンマ(キャプテン)、カルル(65分にダロトと交代)、トモリ、ケアー、テオ・エルナンデス、クルニッチ(72分にブラヒム・ディアスと交代)、ケシエ、メイテ、カスティジェホ(65分にイブラヒモヴィッチと交代)、ハカン・チャルハノール、サーレマーケルス

出場機会のなかったサブ:タタルシャヌ、Aドンナルンマ、べナセル、トナリ、トニン、ガッビア

イエローカード:カルル、ダロト、ケアー、テオ・エルナンデス

ユナイテッド:ヘンダーソン、ワン・ビサカ、マグワイア(キャプテン)、リンデロフ、ショー、フレッジ、マクトミネイ、ジェームズ、フェルナンデス、ラッシュフォード(46分にポグバと交代)、グリーンウッド

出場機会のなかったサブ:デ・ヘア、グラント、テレス、トゥアンゼベ 、ウィリアムズ、アマド、マティッチ、ファン・デ・ベーク

得点:ポグバ(48分)

イエローカード:ショー

おすすめ:

関連キーワード