ユナイテッド

ボーンマス 1-0 ユナイテッド

アウェイでの連勝が続いていたマンチェスター・ユナイテッドだったが、ヴァイタリティ・スタジアムでボーンマスに1-0で敗れ、途絶えた。

雨風が強い環境の中、元ユナイテッドのジョシュ・キングに前半終了直前にゴールを決められて先制されたユナイテッドは、後半に交代出場したメイソン・グリーンウッドのシュートがポストに嫌われ、同点に追いつけなかった。

試合前には、戦没者慰霊の日曜に一番近い試合ということ、そしてボーンマスの元会長を務めたピーター・ヘイワード氏が今週亡くなったため、黙祷が捧げられた。

いざ試合が始まれば、雨脚が強い中でもホットな雰囲気の下でプレーは続いた。

オーレ・グンナー・スールシャール監督のチームは、序盤から攻勢に出る。アントニー・マルシャルのシュートは枠内に飛んだが、ボーンマスのGKアーロン・ラムズゲートに簡単にキャッチされる。

続けてアンドレアス・ペレイラ、フレッジもシュート。フレッジは、ダニエル・ジェームズのクロスに合わせたが、どちらもワイドに。

ユナイテッド
ボールを競るアンドレアス・ペレイラ

15分には、ホームのボーンマスがジェファーソン・レルマがカラム・ウィルソンのクロスにハーフボレーで合わせたものの、危険を察知したフレッジがブロック。

ペレイラのフリーキックがディフレクトし、それを拾ったジェームズがボックスの縁からシュートも、わずかに枠を外す。

30分が経過したあたりで、マルシャルがペナルティエリア内でレルマに倒された。マルシャルがボールに触る前のファウルのように見えたが、審判はVARを使わず、PKは与えられなかった。

こんな試合を動かしたのは、キングだった。アダム・スミスからのボールをボックス内で受けたキングは、ボールを胸でコントロール後にシュート。これがダビド・デ・ヘアの股を通過し、ホームチームが先制して前半を終えた。

後半序盤、再びスミスからのボールに今度はライアン・フレーザーが反応したが、これはデ・ヘアの正面。

同点ゴールを狙うユナイテッドは、58分にペレイラがシュートも、ラムズデールでクリアーされてしまう。

同点に追いつきたいユナイテッドに対し、ボーンマスはハリー・ウィルソンにチャンスが訪れるも、デ・ヘアが見事なセーブでピンチを回避した。

その後もユナイテッドは同点を狙って攻め続け、グリーンウッドを投入して打開しようとしたが、シュートはポストに直撃。マーカス・ラッシュフォードも攻め込んだが、スティーヴ・クックの守備に阻まれた。

敗れたユナイテッドは、木曜のパルチザン・ベオグラード戦に気持ちを切り替え、ヨーロッパリーグ・グループステージ突破を目指す。

ユナイテッド
試合前に黙祷が捧げられた

チーム情報

ボーンマス:ラムズデール、スミス、Sクック、アケ、リコ、ウィルソン(Lクックと交代)、レルマ、ビリング、フレーザー、Cウィルソン、キング

出場機会のなかったサブ:ボルツ、フランシス、メファム、ケリー、ダンジュマ、ソランケ

得点:キング(45分)

イエローカード:レルマ、Sクック、フレーザー、Cウィルソン

ユナイテッド:デ・ヘア、ワン・ビサカ(81分にウィリアムズと交代)、リンデロフ、マグワイア、ヤング(c)、マクトミネイ、フレッジ、ジェームズ(81分にグリーンウッドと交代)、アンドレアス(68分にリンガードと交代)、ラッシュフォード、マルシャル

出場機会のなかったサブ:ロメロ、ロホ、ガーナー、マタ

イエローカード:フレッジ、リンデロフ、ヤング

観衆:1万669人

ユナイテッド
攻めるマーカス・ラッシュフォード

おすすめ: