ユナイテッド

サウサンプトン2-3ユナイテッド

交代出場のエディンソン・カバーニがチームに活力を与え、マンチェスター・ユナイテッドがセントメリーズでのサウサンプトン戦に3-2で逆転勝利を収めた。

前半はヤン・ベドナレク、ジェームズ・ウォード・プラウズに得点を許してホームチームが2-0でリードしていたが、ブルーノ・フェルナンデスが再びゴールを決めた。

1点を返したブルーノは、その後アシストを供給。クロスに交代出場のカバーニが合わせて同点、そして終了直前に逆転ゴールを決め、大きな勝利を掴んだ。

前半 - セインツがリード

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ミッドウィークにイスタンブール・バシャクシェヒルに勝利した一戦から2選手を変更した。アントニー・マルシャルが試合前夜に体調を崩したため、メイソン・グリーンウッドが先発に起用され、カバーニの代わりにネマニャ・マティッチが出場。ドニー・ファン・デ・ベークはリーグ戦で初先発出場を果たし、7分にはチーム最初のチャンスに絡んだ。

アレックス・テレスとの連携から前線にパスを出したファン・デ・ベーク。これにグリーンウッドが反応してシュートも、サイドネットを揺らす。

試合を落ち着かせたたユナイテッドは、16分にフェルナンデスがシュートもディフレクトして枠を外す。

前半の序盤はユナイテッドペースだったが、先制したのはホームのサウサンプトンだった。ウォード・プラウズの危険なフリーキックをコーナーに逃げたが、セインツのキャプテンがインスイングキックでボールを送り、ベドナレクに押し込まれて試合が動く。その数分後、カイル・ウォーカー・ピータースが低い弾道のシュートを狙うも、テレスに当たって軌道が変わった。

サウサンプトンのゴールキーパー、アレックス・マッカーシーの不用意なパスを奪ったグリーンウッドがシュートも、マッカーシーに阻まれる。

33分、フレッジがムサ・ジュネポを倒してフリーキックを得たセインツは、ウォード・プラウズがこれを直接決めてリードを広げる。

後半 - スーパーサブ・カバーニ

ユナイテッドは、後半のあたまから2選手を変更。前半にウォード・プラウズのフリーキックを防ごうとした際に打撲を負ったダビド・デ・ヘアに代わってディーン・ヘンダーソン、そしてグリーンウッドに代わってカバーニがピッチに入った。

ヘンダーソンは、後半開始3分にウォルコットのシュートに対応。

52分にはラッシュフォードにチャンスが訪れるも、シュートはマッカーシーの正面。リプレーで確認したところ、ラッシュフォードはオフサイドポジションにいた可能性があった。続けてカバーニがゴール前で反転してシュートも、枠の外。

だがカバーニは、次のチャンスから修正。フレッジとアーロン・ワン・ビサカがボールを奪ってパスを受けたカバーニは、ボックス内のフェルナンデスにクロス。これをブルーノが蹴り込んで1点を返す。

その9分後、カバーニはワン・ビサカからのクロスに反応するも、わずかにワイド。しかし、テレスのコーナーキックからフェルナンデスがボックス内にボールを入れると、カバーニがダイビングヘッドで押し込んで同点に追いつく。

サウサンプトンは、チェ・アダムスに決定機があったが決まらず、試合は最終局面を迎えた。

終了直前、ラッシュフォードからのクロスに再びカバーニが頭で合わせて逆転に成功し、勝ち点3を獲得している。

試合情報

サウサンプトン :マッカーシー、ウォーカー・ピータース(93分にエンルンドゥルと交代)、ヴェステルゴーア、ベドナレク、バートランド、アームストロング(90分にディアロと交代)、ロメウ、ウォード・プラウズ(キャプテン)、ジュネポ(72分にロングと交代)、ウォルコット、アダムス

出場機会のなかったサブ:フォスター、スティーブンズ、テラ、オバフェミ

得点:ベドナレク(23分)、ウォード・プラウズ(33分)

イエローカード:ウォード・プラウズ

ユナイテッド:デ・ヘア(46分にヘンダーソンと交代)、ワン・ビサカ、リンデロフ、マグワイア(キャプテン)、テレス(84分にウィリアムズと交代)、マティッチ、フレッジ、ファン・デ・ベーク、フェルナンデス、ラッシュフォード、グリーンウッド(46分にカバーニと交代)

出場機会のなかったサブ:フォスメンサー、トゥアンゼベ、ジェームズ、マタ

得点:フェルナンデス(59分)、カバーニ(74、92分)

おすすめ:

関連キーワード