ショー

オーレ「最後の90分に注入する時」

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、マンチェスター・ユナイテッドの今季最後のプレミアリーグ戦、日曜の対レスター・シティー戦に臨むメンバーについて言及した。

この最終戦には、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ出場を可能にする上位4位内のポジションが賭かっている。

現在レッズは3位に位置しているが、キングパワー・スタジアムで少なくとも勝ち点1をとることが必要だ。そうでなければ、ウルヴスがスタンフォード・ブリッジでチェルシーを破ることを祈るしかない。

 

オーレ
レスター戦を前に会見に臨んだオーレ

ルーク・ショーとエリック・バイリーは、長期療養中のアクセル・トゥアンゼベとフィル・ジョーンズの欠場組に加わっている。ショーは古巣のサウザンプトン戦で足首を痛めて以来、戦列を離れている。一方バイリーはエミレーツFAカップ準決勝のチェルシー戦で頭部を負傷し、1-1で引き分けたウェストハム戦を欠場した。しかしこの2人が出場できるかについては、最後まで見極める時間をもつとオーレは話した。

「彼ら2人には十分な時間を与えてやるつもりだ。すべての可能性を除外していない」。


アーロン・ワン・ビサカは、ハマーズ戦ではベンチスタートだったが、後半、ティム・フォス・メンサーに代わって右サイドバックを務めた。

決勝戦並の重みがあるこの最終戦に、オーレがどのようなフォーメーションを講じるかにも注目だ。

「今シーズンは誰にとっても奇妙な展開だった。試合が再開して約5週間が経過したが、どのチームも、メタル面やフィジカル面で何らかの問題を抱えている。

我々は好位置につけて最終戦に挑むことができる。選手の中には心身そういったものを感じている選手もるが、いまはその時ではない。いまはとにかく、最後の90分に没頭するときだ」。

レスター側のチーム状況

ブレンダン・ロジャース率いるフォクシーズでは、DFチャグラル・ソユンチュが出場停止のほか、ジェームス・マディソン、ベン・チルウェル、リカルド・ペレイラ、クリスティアン・フクス、ダニエル・アマーティらが負傷中だ。

マーク・アルブライトンは復帰できる見込み。リーグのトップスコアラー、ジェイミー・ヴァーディが攻撃を牽引する。


ステイホーム

レスターでは、パブや不要不急のショップはクローズしている。

みんなが自宅から応援してくれることが、地域の人々の健康と安全を守ることにつながる。

レッズのギアで応援しよう!2019-20シーズンのキットをセール価格で販売中。購入はこちらから。商品は在庫限りなのでお早めに。


おすすめ: