オーレ

アスタナ戦出場確定の3選手

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、最低でも若手選手の中から2人は、ヨーロッパ・リーグ初戦のアスタナ戦に出場すると明かした。

水曜に行われた前日会見の席で、オーレは、セルヒオ・ロメロとアクセル・トゥアンゼベ、メイソン・グリーンウッドの3人はアスタナ戦に先発すると明言した。

「彼(アクセル)は先発だ。選手の頭数が揃っている上に充実したプレシーズンを送ることができたおかげで、我々は望ましい状況にある。みながポジション争いに絡んでいる。リーグ戦開幕が近づいた時点で先発イレブンを確定する必要があり、アクセルはそこから漏れた一人だが、以後も彼は非常に良いプレーを見せてくれている。よって何人かは入れ替えのチャンスがある。4、5日おきに試合があるから、より多くの選手が必要になる。明日の試合では若手選手にもチャンスを与えることができるだろう」

トゥアンゼベは、この夏のプレシーズンマッチでは6試合中5試合に出場した。18ヶ月、アストン・ビラにレンタル移籍した経験から自信も得て、先週のレスター戦では、終盤に途中出場した。

また、17歳のストライカー、グリーンウッドについてオーレは、「メイソンは、カーディフ戦以来の先発となる。彼には出場する機会が必要だ」と話した。

この若き攻撃手にとって、2019-20シーズンは刺激的な幕開けだ。メイソンはツアー中のインテル戦とリーズ・ユナイテッド戦で2ゴールをあげ、開幕後はここまでリーグ戦5試合中4試合に出場している。オーレはそろそろ先発のチャンスを与える頃だと判断したようだ。

「ゴール勘のあるストライカーがいるなら、そのハングリーさを失わせてはならない。チャンスメイクしたいという欲望を失わせてはならない。メイソンは私がこれまで見てきた中でもベストと呼べるフィニッシャーだ。これまで、なかなか優秀な選手たちとともにやってきた私がそう思える。

彼はまだ若いが、私が着任してからの6ヶ月でも目覚ましい成長をしている。当時はU18チームでプレーしたがっていたが、その彼がいまや、ファーストチームに食い込もうとしている。

とはいえ、あまり過大なプレッシャーはかけたくない。試合に出たら目一杯楽しんで、そしてハードに練習に取り組んでほしい。彼に望むのはそれだけだ。彼は、自分の足元に落ちてきたボールはゴールに決め切れる選手だよ。けっしてふかしたりせずにね」

ロメロは、昨シーズンは6試合に出場した。オーレは先日契約を更新したばかりのダビド・デ・ヘアではなく、ロメロがヨーロッパ・リーグ初戦に先発すると明言した。

「明日はセルヒオがプレーする。彼はダビドの次に素晴らしいGKであることを証明している。セルヒオは出場する試合では常に納得いく結果を出してくれている」


デ・ヘアが契約延長動画

カザフスタンの王者との対戦には、ブラジル人MFフレッジも出場する可能性が高い。レスター・シティー戦、残り25分でネマニャ・マティッチに替わってピッチに立ち、今季初出場を飾ったフレッジ。ファーストチームから遠ざかっていた時間が長かったにもかかわらず好パフォーマンスを見せた26歳に、オーレは好感触を抱いた。

「フレッジは途中出場から良いプレーをしてくれた。あの試合では、我々は彼の俊足やキレ味に期待して送り込んだ。それに彼は本当に辛抱強い。いつも一生懸命トレーニングに励んでいる。もう決して若手とは呼べない年齢ではあるが、イングランドでの経験では若い。彼にも明日の試合で今季のスタートを切ってもらいたい」

「フレッジの良さは徐々により発揮されることだろう。スコット(マクトミネイ)との相性が良いことは、昨シーズンのPSG戦やアーセナル戦でも見せてくれた。また同じようなパフォーマンスを期待している」

おすすめ: