オーレ

ブライトン戦前チーム情報

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、水曜夜のカラバオカップ4回戦、ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に挑むチームについての情報を明かした。

土曜のプレミアリーグ戦でブライトンに劇的な勝利をおさめたレッズは、早くも同じアメックス・スタジアムに舞い戻る。水曜、イギリス時間19:45キックオフのこの対戦に勝てば、カラバオカップ準々決勝進出が決まる。

週末にはオールド・トラッフォードにトッテナム・ホットスパーを迎える。このタイミングで挑むこの対戦には、3回戦でルートン・タウンを下した試合と似たアプローチで挑むとオーレは話した。

両軍とも、土曜の対戦とは異なるラインナップで挑むだろうと予想するか、とMUTVのスチュワート・ガーナー記者に聞かれた指揮官は、「それはわからない。それぞれの試合ごとに目的がある。すべての試合が密集しているこの時期は、どのチームもローテーションを考えているだろう。カップ戦要員とリーグ戦要員を分けている。そして我々もチームを変えて臨むつもりだ。ルートン戦と非常に似たラインナップになるだろうね」と答えた。

「プレータイムを得られるチャンスでもある。我々は長いシーズンに対応できるチームを作る必要がある。選手にとってもアピールできる良い機会だ。

シーズンのこの時期は、即戦力になれる選手ができるだけ多く必要だ。シーズンは長い。しかし我々は十分に層の厚いチームを備えている」。

3-2で勝利をおさめた土曜の対戦では、新たな負傷者は出ていないと指揮官は話した。この試合はブルーノ・フェルナンデスが100分にPKを決めてユナイテッドが劇的な勝利をものにした。

「このカップ戦のあとは日曜にトッテナム戦がある。よって両方の試合を考慮してのチーム構成になる」。


大逆転勝利動画

先週のルートン戦(3-0)に出場したディーン・ヘンダーソン、ブランドン・ウィリアムズ、エリック・バイリー、ジェシー・リンガード、ドニー・ファン・デ・ベーク、フアン・マタ、オディオン・イガロらを含め、あらゆるポジションにオプションが存在しているとオーレは話した。

ルートン戦では、ベンチスタートだったマーカス・ラッシュフォード、メイソン・グリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデスが後半戦に投入されている。今シーズンが開幕して以来、全試合に先発出場しているのは、キャプテンのハリー・マグワイアだけだ。

ブライトン側のチーム情報

シーガルスのグレアム・ポッター監督は、2-0で勝利をおさめた3回戦のプレストン・ノースエンド戦には完全にメンバーを変えて臨んだ。よって、今回も同じような戦略をとる可能性は高い。

ゴールを守るのはおそらくジェイソン・スティール。好調をキープしているアリレザ・ジャハンバフシュとアレクシス・マカリスターも先発の可能性が濃厚だ。ニューカッスル戦で退場処分になったイヴ・ビスマは出場停止処分中。

新シーズン到来!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。