click to go to homepage
ドバイ

ドバイ合宿の狙いとは?

マンチェスター・ユナイテッドの暫定監督を務めるオーレ・グンナー・スールシャールが、今週末に行うドバイでの合宿について、その意図を語った。

土曜にレッズはオールド・トラッフォードでエミレーツFAカップ第3回戦のレディング戦を戦う。オーレの監督就任後5連勝に期待がかかるが、その試合のあと、チームは昨年も訪れたドバイで、次のプレミアリーグ戦、対トッテナム戦に向けての準備合宿を行う予定だ。


レディング戦前チーム情報 article

土曜のレディング戦に向けたチーム最新情報

「選手たちとは十分対話する時間が持てたので、彼らのことを良く知ることはできた。ただ、まだ十分にトレーニングする時間は持てていない」

「フィットネストレーニングも含めた、密度の濃いトレーニングを行う時間になるだろう。選手の中にホリデーだと思っている者がいたとしたらそれは大きな間違いだ!ドバイには、チームの団結力を高め、とくにフィジカル面の強化を中心に行うべく赴くのだからね。もちろん、トッテナム戦の準備も多少は頭に入れている」


年末年始に過密スケジュールをこなした彼らにとって、フィジカル面のケアを行う集中トレーニングには良い機会だ。とりわけ上位陣の中で、ユナイテッドは唯一、この期間中の試合に全勝している。それはオーレがそれぞれの選手達が、自分たちが理想とするプレーをするよう徹底した成果でもある。

「彼らと一緒にやれることをとても楽しんでいるよ。彼らは学びたがっている。そして成長したがっている。それはすべてのフットボール選手にとってキーポイントだ。彼らに十分なハングリー精神と謙虚さがあるなら、私は伸ばしてやることができる。そしてチーム全体として、シーズン終盤に向けて成長してゆける」。

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。


12月の月間ベストゴールは? article

8つの候補の中から2018年最後の月間ベストゴールを選ぼう!

レジェンドから学ぶマーカス article

ラッシュフォードはスールシャール等レッズのレジェンドから学んでいる

MOMはラッシュフォード article

1ゴール、1アシストを記録したラッシュフォードがニューカッスル戦のマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。