ユナイテッド

サウサンプトン戦を総括

日曜日 29 11月 2020 19:16

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、3-2で逆転勝利を収めたサウサンプトン戦を振り返った。

ユナイテッドは前半を終えた時点で2点のビハインドを背負いながらも、後半あたまから投入されたエディンソン・カバーニがチームに力を与えた。

ブルーノ・フェルナンデスのクロスをダイビングヘッドで押し込むと、終了間際にもヘディングでゴールを記録。

試合後スールシャール監督は、Sky Sports、BBC Sportとのインタビューに応じ、試合を振り返っている。

クラブ新記録
このリーグは難しいが、無観客ということも記録に関係していると思う。実際は記録に関して気にしていない。大事なのは勝ち点3を取ることだ。1点を返して終了直前に逆転できたことで、選手たちが集中していたのがわかってもらえると思う。我々は良いプレーをしてチャンスを作った。全てのチャンスを生かせたわけではないが、相応しい結果を残せたと思う。

ブルーノのゴール
点を決めて、失点しないことが重要だった。もっとゴールが決まっていても不思議ではなかった。20分から25分までに先制するのが大事だった。どんどん状態が上がっていくのはわかっていたので、相手を上回れると思っていた。そこにインパクトを与えられる交代選手を投じた。エディンソンはちょっとしたインパクトを与えてくれた。

カバーニの影響力
経験も豊富で、プレーの質も高く、あれだけの動きができる彼は、世界を代表する選手の一人だ。素晴らしい動きをしてくれる選手。相手をはがし、相手の正面をつき、相手が動く暇もないようなプレーだってできる。ゴール前でプレーを決めてくれるところが良い。ゴール前に果敢に飛び込むセンターフォワードが私は好きだ。ケガをすることだってあるかもしれない。しかし、ゴール前に飛び込めばボールが来る。賭けをして飛び込めばボールが転がって来る。彼はそうやって2ゴールを決めたんだ!

前半のパフォーマンス
前半から素晴らしい形でプレッシングできていた。メイソンがチャンスに絡んだ時のプレーでも、それがわかる。ただ、彼はそれを生かせなかった。そういうこともある。マッカーシーの素晴らしいセーブだった。ブルーノのリバウンドも彼は止めたね。ワールドクラスのセーブだ。我々はファンタスティックなフットボールができたと思う。チャンスも作れた。決定的な場面が5回はあった。ウォード・プラウズに関しては、何もできない。セットプレーを与えてしまったら、彼にはあれだけのボールを蹴れる力がある。誰も責められない。勝てばミスも関係なくなるような試合だった。終盤2-2の同点に追いつけたことを誇りに思う。

デ・ヘアの状態
膝の上に打撲を負った。水曜の試合に出られるといいが、どうなるかはわからない。明日(月曜)に検査を受ける必要がある。ただ、ディーンは非常に安定していた。

クラブの伝統
どういう結果になっていても不思議ではなかった。それでも、家で試合を見ていたファンを楽しませることができただろう。それだけ素晴らしいパフォーマンスだった。これがマンチェスター・ユナイテッドの伝統だ。決して諦めずに逆転する試合だ、ファンタスティックなカムバックだったし、終了直前に逆転できたのは素晴らしい、最後の最後に逆転し、勝ち点3を獲得できて良かった。チームの状態も良くなっているし、成長している。それこそ私が見たい姿だ。

おすすめ: