ユナイテッド

監督がウルヴズ戦を総括

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、マンチェスター・ユナイテッドにとって理想的なタイミングでウィンターブレークを迎えられると語った。

オールド・トラッフォードで行われたウルヴズ戦のユナイテッド・マン・オブ・ザ・マッチには、デビューを飾ったブルーノ・フェルナンデスが選出されたが、新加入のポジティブなパフォーマンスだけでは根気強いウルヴズの守備を崩せなかった。

試合後、監督がMUTV、Sky Sports、会見で語った内容は以下の通り。

勝つために十分なプレーができたか?

もしグラウンドスタッフがゴールを0.5ヤードずらしてくれればね! 後半はゴールに近づけた。試合を圧倒できたし、コントロールもできたと思う。しかし、彼らのように速いカウンターを持ち、セットプレーに優れるチームを相手に試合をコントロールできたと言うのは簡単ではない。それでも、我々はポゼッションの65%を保持し、失点しなかった。彼らとは2週間で3度も対戦している。それでいて失点していない。我々も1点しか決められなかったが、それだけ崩すのが難しい相手なんだ。

ダロトのチャンス

彼もゴールを決められたと思っただろう。ボックス内への良いランニングで、アーロン(ワン・ビサカ)の素晴らしいプレーもあった。しかし勝つために十分なプレーができなかったのだから、ポゼッションで圧倒できたと感じたとしても、0-0は妥当な結果だ。

ウィンターブレーク

12月と1月は9試合ずつ、合計18試合を戦った。中には、ほぼ全試合に出場した選手もいる。姿勢、気持ちの強さ、フィットネスは完璧でも、精神的に疲れてしまう。ブレークは役に立つ。ウォルヴァーハンプトンは、この試合までに10日の感覚があった。その部分では彼らにアドバンテージがあったが、今日の試合でも、選手たちは気持ちの強さを見せてくれた。

フェルナンデスのデビュー戦

ブルーノはトッププレーヤー。今日が初めての試合だ。前半は全員が足元にボールを収めようとしたが、ブルーノは、ボールを持った時に周りに動いてもらいたい選手で、その動きを今日はできなかった。彼は楽しみなクオリティを示してくれた。シュートを5本打った。チームメートの特性を理解すれば、前線にトッププレーヤーがいることになる。

今後

次はチェルシー戦だが、どのチームが相手でも楽しみなもの。自分たちのパフォーマンス、レベルアップ、負傷者の復帰についてしか考えられない。少し頭を休めて、また飛び出す準備が必要だ。ヨーロッパとエミレーツFAカップで勝ち上がりたいので、今後もミッドウィークに試合をこなすようになる。ケガから復帰する選手もいるし、獲得した選手もいる。今後が楽しみだ。

おすすめ: