ユナイテッド

オーレがヴィラ・パークでの3選手を高評価

マンチェスター・ユナイテッドにとって2020-21シーズン前に行われた唯一のプレシーズンゲームの内容は、オーレ・グンナー・スールシャール監督に色々と考えさせるものだった。監督は、試合後のインタビューで感じたことを語ってくれた。

MUTV.comで視聴できる試合は、1-0でアストン・ヴィラに敗れた。試合後、監督は昨季までファーストチームのプランに入っていなかった3選手の名前を挙げ、称賛した。

その3選手とは、新加入のドニー・ファン・デ・ベーク、ゴールキーパーのディーン・ヘンダーソン、若手ディフェンダーのテデン・メンギ。またアカデミー出身のミッドフィルダー、イーサン・ガルブレイスについても監督は言及している。

ユナイテッドのプレミアリーグは、来週土曜日にオールド・トラッフォードで開催されるクリスタル・パレス戦から幕を開ける。スクロールダウンして、ヴィラ戦後の監督のコメントをチェックしよう。

試合総括
前半はチャンスを生み出せたと思う。大事なのは、価値ある出場時間を得ること。今年のプレシーズンは不思議なもので、我々にとっても普段と異なる。チームが始動して2週間で、リーグ開幕まで1週間しか時間がない。ただ、昨季のヨーロッパリーグのおかげで、大会に出場した選手たちにはそこまで実戦機会が必要ではない。代表戦に全て出る必要もない。だが、確実に出場機会が必要な選手もいる。

攻撃のキレが足りない
ハーフタイムには、前半に良いプレーができた時間帯もあったし、ファンタスティックなポジションを取れていた時間帯もあったと伝えた。しかし、キレが足りない。それにまだ始まったばかりなので心肺機能も追いついていない。もっと冷徹に、ゴールを決めないといけない。そうすればハッピーな気持ちで戻れる。ただ、今日は結果が最重要ではなかった。

プラスポイント
ポジティブな部分もあった。選手個人のパフォーマンスは良かったと思う。ディーノ(ヘンダーソン)はユナイテッドのゴールキーパーに相応しい貫禄だったし、後半に出場したテデンは今後が楽しみだ。

ファン・デ・ベークの初試合
アウトフィールドでは、ドニーが最大のプラス要因だったかもしれない。彼はスペースを見出せるし、自分のタイミングと動き出しでチャンスを作れる。彼のパフォーマンスには非常に満足した。

若手にとって価値ある機会
彼らは今日の試合から多くを学ぶだろう。イーサン・ガルブレイスはこの夏、ヨーロッパリーグに帯同していたし、練習も一緒にしていた。今日の試合ではボールに触れる機会が少なかった。何度かボールを取られたことについては試合後に話した。これも学習する機会。次に出場する時には、しっかり準備した状態でやれる。

開幕戦
今日より多くの選手のマッチフィットネスが上がるだろう。代表戦に出場した選手たちの中には、今日の試合出場を必要としなかった選手もいる。これから復帰する選手もいる。

シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットがUnitedDirectで発売中。

おすすめ: