ユナイテッド

オーレ「全員で達成したこと」

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したマンチェスター・ユナイテッドを称えた。

ユナイテッドは、今季のプレミアリーグ最終節でレスター・シティーを2-0で下し、2020-21シーズンの欧州最高峰の大会に出場する権利を獲得。

キングパワー・スタジアムでの試合後、オーレは選手たちを称え、レスター戦でのパフォーマンスを評価した。また、来季のチャンピオンズリーグ出場についても、MUTV、Sky Sports、試合後の会見で語った。

長いシーズン

3位で終われたのはファンタスティック。あまりにも多くのことを成し遂げた。アップダウンを経験し、最後の試合にかかっていた。全員で素晴らしいことを成し遂げられた。そう言える。スタッフも素晴らしい。今朝全員と話したが、仮に今日のような結果になっていなかったとしても、チームとして成長できた。カルチャーを生み出せている。選手の努力を非常に誇りに思っているし、満足している。この大一番に勝てたのは、選手たちのメンタルにとっても大きい。今季は準決勝で2度負けてしまったのでね。

苦しんで掴んだ勝利

クラシックな試合にならなかったが、今日のように結果が求められる試合に勝つ方法も身に付けたい。再開後のシーズンは、ミニトーナメントのようなものだった。影響もあった。疲れもあったし、これまでの我々と異なるチームだったのは、見てもらえればすぐにわかる。それでも勝たないといけなかった。多くのゴール、勝ち点を取らないといけない状況で、選手たちはやってくれた。

ジェシー

彼は難しいシーズンを送っていたが、誰のキャリアにも起こること。彼は乗り越えた。トレーニングではエクセレントで、活力があった。彼がプレミアリーグ最終戦でゴールを決められて、本当に嬉しい。

ユナイテッド
先制点になったPKを決めたブルーノ・フェルナンデス

批判が間違っていたことを証明

私は自分の仕事、我々の取り組みを信じている。チームをどうまとめるかは各々異なる。私には私のやり方があって、これしかできない。ファンタスティックなスタッフに恵まれ、選手たちも真剣に取り組んでくれたおかげだ。私が成し遂げたと言うつもりはない。これが私の仕事だからだ。自分のやり方を信じている。批判は私を強くしてくれるし、より自分がやっていることを信じられるようになる。あまり私を称賛しないでもらいたい。独りよがりになってしまうからね。私にはこれしかない。ただ、数日前に(予想を)目にして、スタッフと話し合った。

ユナイテッド
カスパー・シュマイケルからボールを奪い2点目を決めたジェシー・リンガード

素晴らしいブルーノ

チームにやってきて、素晴らしい影響を与えてくれている。本当に大きな影響で、彼はゴールを決め、ゴールを生み出せるファンタスティックな選手だ。それに加えて、彼の情熱、精神力も素晴らしい。今日は疲労困憊のブルーノが見られたと思うが、彼は多くの試合でプレーしているので当然。彼の情熱は見ればわかる。時にはそういう部分を抑えてやらないといけない。しかし彼はステップアップし、落ち着いてPKを決めてくれた。疲れているので、脚力も思考能力も少し落ちているが、問題ない。こういう状況にも対応できないといけない。ヨーロッパリーグで選手に休養を与えられないのと一緒で、チャンピオンズリーグでも休ませられないので、彼は出場することになる。彼にはもっとやってもらわないといけない。

チャンピオンズリーグ

このチームにとっては、来季より手強い敵と対戦することなわけで、もっと良いプレーをしないといけない。成長が必要だ。チャンピオンズリーグがある時期のミッドウィークには、ベストチームで臨まないといけない。ヨーロッパリーグのように、若手に出場時間を与える大会とは違う。どの試合にも勝ちにいかないといけない。また実力が試される。より状態を上げて、屈強にならないといけない。それがチャンピオンズリーグ。クラブの収入も増えるが、それは私の頭にはないこと。クラブは、私が必要と感じているものを理解してくれているので、獲得しにいく。

おすすめ: