オーレ・グンナー・スールシャール

チェルシー戦直前チーム情報

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は、アンデル・エレーラが日曜のチェルシー戦に出場する可能性があることを明らかにした。

エレーラは、ハムストリングを痛めて4月の6試合を欠場中。彼が最後に出場した試合は、2-1で勝利した3月30日のワトフォード戦だ。

だが、今週末に行なわれるチェルシーとのビッグマッチに向け、監督はエレーラがメンバーに復帰する可能性を示唆した。

ユナイテッド
前回のチェルシー戦で先制点を決めたエレーラ

試合前の会見で、監督は「今シーズンはあと3試合ある。アンデルは練習に参加していて、非常に熱心に取り組んでいる」と語った。

「メンバーには加わるだろう。日曜の試合のメンバーに加われるだけのコンディションにはあると思う。試合まで2日あるので約束はできないが、ここ2日は練習に参加した」

エレーラの復帰は、チームにとって大きい。2月のFAカップ5回戦で対戦した際、エレーラはブルーズを相手にゴールを決めた。

オーレは、ダビド・デ・ヘアをメンバーから外す可能性についても聞かれ、こう答えた。

「それはまったく考えていない。私はダビドを信頼している。私の考えでは、ここ6、7年の間、彼がユナイテッドでベストプレーヤーだと思う。本当に素晴らしい選手だ。難しい時期を経験するのは、フットボール選手のキャリアの一部。ダビドは問題ない。心配は無用だ」

マンチェスター・シティー戦を欠場したスコット・マクトミネイについても、監督はMUTVとのインタビューで、こう述べている。

「スコットは、水曜の朝に実施したフィットネステストで不合格だった。(金曜に)おそらくもう一度テストを受けて、出場可能かを判断する」

ユナイテッド
オーレはダビド・デ・ヘアを信頼

チェルシーは?

チェルシーは、月曜のバーンリー戦で肋骨を痛めたエンゴロ・カンテが欠場する可能性がある。カンテは、前半に負傷し、ハーフタイムに交代を余儀なくされた。

もし欠場することになれば、マッテオ・コヴァチッチ、ロス・バークリー、ルーベン・ロフタス・チークが代わりを務めると見られている。

アントニオ・リュディガーは、ひざの負傷により今シーズン残り試合を欠場する可能性が高い。負傷するまで、同選手は今シーズンのリーグ戦で2試合しか欠場していなかった。

ユナイテッド
チェルシーの中心選手、カンテ

もう一人マンチェスターへの遠征に帯同できない若手は、カラム・ハドソン・オドイだ。バーンリー戦で負傷交代したハドソン・オドイは、アキレス腱を断裂し、手術を受けた。もちろん、2018-19シーズンの残り試合には出場できない。

エデン・アザールの先発出場が濃厚な中、ハドソン・オドイの代役には、ペドロかウィリアンが起用されるだろう。バーンリー戦と同様に、ゴンサロ・イグアインがワントップとして起用される可能性もある。

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。

おすすめ: