ユナイテッド

練習の成果を喜ぶポグバ

ポール・ポグバが、木曜のアストン・ヴィラ戦で決めた低めのシュートを練習していたことを明かした。

3-0で勝利した試合で今シーズンのクラブ100ゴール目となった得点について、ポグバ今週のトレーニングで練習していたものとコメント。

また、ヴィラのゴールキーパー、ぺぺ・レイナの特徴を把握していたこともゴールに繋がるアドバンテージになったと振り返っている。

「今日のシュートは1本だったけれど、ゴールキーパーのことを知っているし、今日のようなシュートを練習からやっていたんだ」と、ポグバは試合後Sky Sportsとのインタビューで語った。

「ここ数試合でゴールを狙ったけれど決められなくてね。それでも、今日は決まってくれた。チームに貢献できて本当に嬉しい」

今節の勝利により、ユナイテッドは4試合続けて3点以上のゴールを決めて勝利したプレミアリーグ初のケースとなった。

ポグバは「今の状態には非常に満足しているけれど、これを続けないといけない」と話す。「練習の前から、今の状態を維持しないといけないと言い続けている。これがマンチェスター・ユナイテッド。これからも常にレベルアップを目指す」

「今日のパフォーマンス、ここ数週間のパフォーマンスは非常に良い。これがマンチェスター・ユナイテッドに求められるスタンダード」

「長い間ケガをしていたから、自分のこと、復帰、チームの助けになることに集中している」

「今シーズンは2つの目標があって、ヨーロッパリーグ、FAカップで優勝すること。僕たちは、それらの目標に集中している」

「プレミアリーグで優勝できなかったからね。ここまでは何も獲得できていないから、まだまだやるべきことは多い」

来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権争いも続き、現在勝ち点1差のレスター・シティーとは最終節で対戦するため、逆転のチャンスは残されている。

「自分たちが障壁になり得る」と、ポグバは言う。「試合開始から15分のようなプレーではなくて、勝負を決めたようなプレーを続けないといけない」

レッズのギアで応援しよう!2019-20シーズンのキットをセール価格で販売中。購入はこちらから。商品は在庫限りなのでお早めに。

おすすめ: