ユナイテッド

フレッジのゴールにチームもハッピー

スコット・マクトミネイが、3-1で勝利したトッテナム戦でゴールを決めたフレッジを称えた。

フレッジは、エディンソン・カバーニのシュートをウーゴ・ロリスが弾き返したボールを蹴り込み、1-1の同点に追いつく得点を記録。

そこからユナイテッドはカバーニ、交代出場のメイソン・グリーンウッドにもゴールが生まれ、3-1で勝利した。

今シーズン初ゴールだったフレッジがプレミアリーグで得点を決めたのは、2018年9月のウルヴズ戦以来。昨シーズンのヨーロッパリーグで対戦したクラブ・ブルッヘ戦でも2ゴールを記録した。

マクトミネイは、試合後MUTVとのインタビューで「彼のゴールは本当に嬉しい。ボックス内にいれば、今日のような結果になる。彼には、ボックス内に飛び込めと言っていたんだ」

「チームのみんなが素晴らしかった。ポール・ポグバも突出していたし、メイソンも違いを生み出した。エディも含めて、大半の選手について語れる。みんなが良かった」

オーレ・グンナー・スールシャール監督も、試合後の会見で、フレッジの努力が実ったことを喜んだ。

「彼の活躍を嬉しく思う」

「彼は努力し続けている。昨日も良い練習ができた。深い位置から飛び込んでのプレーで、右足でのミドルではなかったね! しかし左足を上手く使えていた。エディンソンの動きも素晴らしかったが、フレッジがそこにいた。嬉しいね」

「彼は、どの試合でも全力を尽くす。チームにとって大事なゴールは、彼にぴったりだ」

拡大版ハイライト:トッテナム 1-3 ユナイテッド動画

今日の出来事

今日は、エリック・バイリーの27歳の誕生日。また、1992年に初めてリーグカップを制した日のアニバーサリーでもある。

昨日の出来事

今シーズンのアウェイ無敗記録を継続。

トップ4を争うレスター・シティーがウェストハムに3-2で敗れたことで勝ち点7差に、そして首位マンチェスター・シティーも一人少ないリーズに昨日敗れていたため、勝ち点差を11に縮めた。

おすすめ: