ユナイテッド

スールシャール監督はゴメスの残留を希望

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、新型コロナウイルス感染症によるロックダウン以来となる会見で、アンヘル・ゴメスとオディオン・イガロの去就について語った。

マンチェスター・ユナイテッドは、19日の20:15(日本時間20日4:15)にトッテナム・ホットスパーと対戦する。この試合は、3月12日以来の一戦だ。

その試合前日の会見で、監督は新契約締結に向けて交渉中のゴメス、そして2021年1月までクラブに所属することが決まったばかりのイガロについて聞かれた。

ユナイテッド
1月に加入してから大活躍のイガロ

「アンヘルはトップクラスの若い選手で、もう何年もクラブに在籍している」と、監督。

「彼には契約を提示した。納得してくれると嬉しいが、もしそうでなければ彼の今後の成功を祈る。私が理解しているところでは、そこまで先の話でもないと思う。ただ、もし上手くいかなければ彼の成功を祈ることになる」

今シーズンは6試合に出場しているゴメスだが、1月11日に行われたノリッジ・シティー戦に交代出場して以降は起用されていない。

イガロは、当初5月までの期限付き移籍で、中国スーパーリーグのシーズン開幕時期には同国に戻る予定だった。

だが、先発出場した3試合すべてでゴールを決め、ユナイテッドは少なくとも2019-20シーズンが終わるまでマンチェスターに残すことを決めた。

そして現在の所属先である上海申花と2021年1月30日まで期限付き移籍の期間を延長することに合意した。

鳥肌立つトレーラー動画

監督は「オディオンが残ってくれて嬉しい。彼のクラブとは良い話し合いができた。オディオンは素晴らしいインパクトを残してくれているので、とても満足している」

「彼は、前線にオプションを与えてくれる。ゴールスコアラーであり、ドレッシングルームでの振る舞いも素晴らしい。彼にはこれからも活躍してもらいたいし、始めた仕事を終わらせてもらいたい」

両選手は、スパーズ戦のメンバーに加わる可能性がある。監督は、アクセル・トゥアンゼベとフィル・ジョーンズのみ遠征に帯同しないことを明かしている。

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。

おすすめ: