オーレ

ダービー前チーム情報

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、土曜に行われるマンチェスター・シティー戦には、アントニー・マルシャルは、先発ではないにしても、出場可能な状態ではあると話した。

日曜のアストン・ヴィラ戦(2-2)で負傷した24歳のフランス人ストライカーは、水曜のトッテナム・ホットスパー戦は欠場した。しかし監督は、土曜のエティハド・スタジアムでの対戦には、交代要員ながらも出場はできるだろうと展望を話した。

「アントニーには、たとえ試合の一部だけでも出場してもらいたいと強く望んでいる。先発できるかは微妙だが」


トッテナム戦ハイライト動画

アウェーでレッズが勝利した(3-2)2018年4月の対戦でゴールをあげているポール・ポグバは、9月に負った足首の怪我が癒えず、この試合も欠場となる。

しかし復帰は近いとスールシャールは前向きだ。

「この試合には無理だが、できる限り早く復帰してもらいたい。すでに芝の上でのトレーニングは始めている。おそらく年内には復帰できるだろう。新年までには彼の姿を見られることを願っているよ」

スールシャールはネマニャ・マティッチについては言及しなかった。中盤では、スコット・マクトミネイが3週間半離脱したあと、週中のスパーズ戦で復帰している。

長期離脱中のエリック・バイリー、ティム・フォス=メンサー、ディオゴ・ダロトは依然としてAonトレーニング・コンプレックスでフィットネスの回復に励んでいる。

マルシャルが不在となったトッテナム戦では、メイソン・グリーンウッドにチャンスが与えられた。緊張感の高まるこのビッグマッチでも、ふたたび彼が出場することになるかもしれない。

マルシャル
アストン・ヴィラ戦で筋肉系を痛めたアントニー・マルシャル

シティーのチーム状況

ペップ・グァルディオラはすでに、チームの得点頭であるセルヒオ・アグエロが大腿部の負傷により欠場することを表明している。膝を負傷中のルロイ・サネとエイメリック・ラポルトも年内いっぱいの復帰は厳しい状況。左サイドバックのオレクサンドル・ジンチェンコは膝の手術後、トレーニングを再開しているが、この試合に間に合うかは微妙だ。

1試合の欠場処分で週中のバーンリー戦を欠場したイルカイ・ギュンドアンが出場できるのはシティーにとって朗報だ。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。


おすすめ: