ユナイテッド

今後も攻撃陣の入れ替え継続

金曜日 14 10月 2022 12:59

エリック・テン・ハフ監督は、ニューカッスル・ユナイテッドとの試合に向けて、攻撃オプションのローテーションが可能な現状を喜んでいる。

木曜の夜に行われたヨーロッパリーグのオモニア・ニコシア戦で、マンチェスター・ユナイテッドは合計34本のシュートを放ち、93分に交代出場のスコット・マクトミネイがこの試合唯一のゴールを決めた。

オールド・トラッフォードでは、マーカス・ラッシュフォード、アントニー、クリスチアーノ・ロナウドが先発し、ジェイドン・サンチョが交代出場。アンソニー・エランガ、アントニー・マルシャルも前線のポジションをスイッチできるため、日曜日に予定されているプレミアリーグのマグパイズ戦に向けて考えることがたくさんある。

ハイライト:ユナイテッド vs オモニア 動画

ハイライト:ユナイテッド vs オモニア

ヨーロッパリーグ・グループステージ第4節

「我々は多くの試合をカバーしなければならないし、5、6人の有能で攻撃的な選手がいる」と監督は語った。「我々は彼らをひとつにまとめてローテーションさせることができるし、今言ったように驚かせるバリエーションを持ち込むことも考えている。例えば、今日のジェイドンのようにね」

「エヴァートン戦では彼の出番がなかった。でも、他の試合ではプレーしていて、先発出場も多い。彼は本当によくやっていると思う」

サンチョは両サイドでのプレーだけではなく、中央でもその力を発揮。ラッシュフォードも終盤に真ん中でプレーする姿が見られた。もっと言えば、サンチョのドリブルからマクトミネイの低いフィニッシュに繋がった。

「もちろん、(オモニア戦の)パフォーマンスが他よりも優れているのは明らかだ。しかし、今日、彼はインパクトを与え、良いドリブルや、ルーク・ショーと良いコンビネーションを見せた。そして最後に、彼はゴールに絡んだ」

サンチ���のような選手がさらに結果を残すには、チームメートとのコンビネーションワークをもっと見せることが重要ではないかという質問に対して、監督はフォワードに対するゲームプランを明かした。

「1人を抜けば、ピッチはオープンになる。ボールの周りで運動量が求められる。そして、コンビネーションやドリブルを見せることが必要だ。特にジェイドンやアントニーのようなクリエイティブな選手は、1対1を制することができる」

「ただ、選択肢があれば、もっとシンプルにプレーできるようになる。彼らの力を生かすためにも、ワイドなエリアで運動量を増やしたい」

おすすめ: