タイレル

タイレル・マラシア初インタビュー

火曜日 05 7月 2022 15:26

フェイエノールトからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したタイレル・マラシアが、スチュワート・ガードナーとの独占インタビューに答えた。

ダイナミックな左サイドバックは、このクラブと契約できたことに喜びを表し、オランダからマンチェスターに移籍する前に、新しいボスになるエリック・テン・ハフと話し合ったことを明かした。

ここでは、22歳の彼がユナイテッドの選手として初めて受けたインタビューの全容を紹介する。

マンチェスター・ユナイテッドへようこそ。マンチェスター・ユナイテッドの選手と名乗ることができるのはどんな気持ちですか?
この気持ちは言葉では言い表せないと思います。この数週間でたくさんのことがありました。ここにいられて幸せです。

人生のこの時期、キャリアのこの時期に移籍したことについて、どういう部分で適切と考えていますか?
すべてだと思います。監督との話もそうだし、プレミアリーグでプレーすることをずっと夢見ていたから。全部ですね。

フェイエノールトとマンチェスター・ユナイテッドとのつながりは、多くあります。もちろんロビン・ファン・ペルシーもいますし、タヒス・チョンもそうですね。マンチェスター・ユナイテッドへの加入を決める前に、彼らと話をしたのですか?
いえ、この決断については誰とも話していません。ロビンとは過去にいつも話をしていて、一緒にプレーしたり、マンチェスターでの経験について話を聞きました。タヒスがイングランドに移った後もいつも連絡を取っていて、いつも良いフィーリングを得ていました。

ロビンはマンチェスターについて良いことを言っていましたか?
そうですね、全部良かったと言っていました。一番大きなクラブだと言っているし、フィーリングも良かったし、好きだと言っていましたよ。

あなたはフェイエノールトという素晴らしい歴史を持つクラブから、マンチェスター・ユナイテッドという別のクラブへやってきました。マンチェスター・ユナイテッドについて知っていることはありますか?
世界最大のクラブであり、ファンや素晴らしいスタジアム、多くのタイトルを獲得していることからもわかると思います。新監督は再び優勝できるようなチームを作りたいようで、僕もその一員になりたい。

マンチェスター・ユナイテッドを代表するオランダ人選手のレガシーが多く残っています。ファン・デル・サール、ファン・ペルシー、ファン・ニステルローイ、ヤープ・スタム、本当にたくさんあります。彼らの存在も、このクラブへの入団に興奮する理由なのでしょうか?
もちろん。なぜなら、彼らがここで素晴らしい活躍をしたことで、僕にも尊敬する人物ができました。偉大なオランダ出身と言われるようになりたいです。

長年にわたって成長し、マンチェスター・ユナイテッドやプレミアリーグを意識してきましたか? マンチェスター・ユナイテッドといえば、何を思い浮かべますか?
スタジアム。オールド・トラッフォード。とても素晴らしいです。2、3年前にフェ��エノールトが出場したナイキカップという大会がここであって、その時にお父さんに「いつかここに戻ってくるよ」と言ったら、本当にそうなりました。

当時からここでプレーすることを信じていたんですか?
そうです。

オールド・トラッフォードで、7万5千人の観客の前でプレーすることについてどう考えていますか?
素晴らしいことだと思います。ホームゲームでは、ピッチに立ち、ファンのためにプレーするのが大好きです。

幼少期から憧れていたマンチェスター・ユナイテッドの選手はいましたか?
はい、パトリス・エヴラです。

彼のプレースタイルは、あなたにとって...
ええ、彼のスタイルは大好きです。すべてが速くて、エネルギッシュで、すべてが。

彼はマン・ユナイテッドで信じられないようなキャリアを積んでいますが、刺激を受けていますか?
もちろん。彼より、もっといい成績を残したいですね。難しいとは思うけど、自分の中でハードルを高くしています。それが僕の望みです。

監督のエリック・テン・ハフの話が出ましたが、テン・ハフ、ミッチェル・ファン・デル・ガーグ、ドニー・ファンデ・べーク、そしてタヒスもいますね。ここキャリントンは、オレンジ色に染まっていますよ! クラブに順応する上で、助けになることですか?
今朝、何人かの選手と会いましたが、とても良い雰囲気で迎えてくれて、もうすでに家にいるような感じです。

新監督とは、彼がユナイテッドで何を築こうとしているのか、何を求めているのか、何度も話をしたのでしょうか?
ええ、すべて合意したときに電話で話したんですが、本当にポジティブな雰囲気と感触で、監督はすべてを改善したいと思っているし、タイトルも取りたいと思っているので、楽しみです。

イングランドでのシーズン開幕1ヶ月前にユナイテッドに加入することになりましたね。プレシーズンが本格的に始まる前に、この移籍を完了させ、チームに慣れ、チームメートと知り合う時間を少し設けることは、あなたにとってどれほど重要だったのでしょうか?
ええ、重要なことだと思います。金曜日からツアーに出るので、チームと一緒にプレシーズンを過ごすことは重要です。フットボール以外のことも全部解決して来ないといけないから。

金曜日に飛び立つツアーの話がありました。世界中でマンチェスター・ユナイテッドがどのような存在なのかを体験することを、どれくらい楽しみにしていますか?
話は聞いているし、タイでの反応はすごそうですね。オーストラリアにも行ったことがないから、すべてが初めてだし、楽しみです。

ツアー中の試合は、リヴァプール、クリスタル・パレス、アストン・ヴィラなどイングランド勢との対戦もありますが、今シーズンのプレミアリーグで対戦する相手について、早めに感触を得ることができるでしょうか? 
ビッグゲームになるだろうし、対戦するのを楽しみにしています。

あなたのプレーを見たことがないユナイテッドファンのために、選手としての自分をどのように表現しますか?
選手として、僕はディフェンスが強い。攻撃するのも好きです。そう、僕は意欲的で、決して諦めません。

最近はサイドバックも重要な攻撃の武器になりますね。これはあなたのプレーにおいて重要な部分ですか?
もちろんです。監督と話したんですが、いくつか課題を出されました。時間が経てばできるようになると言っています。

あなたの粘り強さは、エドガー・ダーヴィッツと比較されることがあります。お手本にしているのでしょうか?
代表で彼と話した時、「君はまだ俺のレベルには達していないけど、一緒に努力して、プレーすれば、きっとそこに到達できるよ」と言われました。

ピッチ上では本当にエネルギッシュで大きな声を出す選手ですが、ピッチ外ではどのような性格ですか?
音楽も好きですが、一人でいることが多いですね。家族と一緒にいることもあるけど、外出とかそういうのは好きじゃない。僕の趣味じゃないんだ。

以前、あなたのアイドルは親友だと言っているインタビューを見ました。あなたにとって、友人や家族はどれほど大切な存在ですか? 今日、あなたがサインをした日に、多くの方がここにいらっしゃいます。ユナイテッドへの移籍について、どのような言葉をかけてくれますか?
ここは、僕らの出身地とは異なります。だから、みんな本当に興奮しているし、喜んでくれています。本当に大きな移籍で、本当に大きなステップで、本当に喜んでくれています。

出自について触れました。それについてもう少し教えてください...。
僕たちはロッテルダムから来ました。オランダの大きな都市です。友人、家族とも、いつも楽しい時間を過ごしていました。

ロッテルダムで育ったことは、どれほど重要だったのでしょうか? マーカス・ラッシュフォードがマンチェスターで行っているような、地元コミュニティーのための活動をしているようですね。地元に貢献することは大切だと思いますか?
できることなら、人々のために何かするのはいつもいい気分だし、これからもそうするつもりでいます。

また、あなたは“スマイリング・ダッチマン”と呼ばれ、いつも笑顔でプレーしているように見えると聞きました。あなたにとって、楽しんでプレーすることが大切なのでしょうか?
もしゲームを楽しめなくなったら、もうプレーする必要はないです。

幼少期に憧れたフットボール選手は?
幼少期は特にヒーローはいなかった。僕の一番のヒーローは、いつも僕のために行動してくれた父さん。フットボールにかかわらず、人間として尊敬しています。友達とストリートで遊んでいたときは、いつもロナウジーニョを尊敬していました。

フェイエノールトには幼い時分に加わりました。フェイエノールトのアカデミーでの生活はどのようなものだったのでしょうか?
アマチュアのクラブからプロになるのは、ルールやすべてが違うし、国外のトーナメントでプレーすることになるから、とても大変でした。だから、自分をリセットするのが大変で、15歳までは大変な時期が続いたと思います。その後、どんどん成長していったので、その後は調子が良かったですね。15歳のときに初めて契約しました。

その後、すぐにデビューしましたね。その時の経験で記憶に残っていることは? トップチームでプレーすること、フェイエノールトでデビューすること?
そうですね、冷静さを保ち、良い人たちに囲まれて、たくさん話をすることです。それが大切だと思います。僕にとっては重要なことでした。

ファン・ペルシーがキャプテンだったと思うのですが?
そうです。

もちろん、彼はフェイエノールトのレジェンドです。彼はどんなキャプテンだったのでしょうか? 彼はどんなキャプテンで、どんなコーチだったのでしょうか?
彼はフットボールについてよく知っています。フットボールを愛し、競技が彼にとって呼吸と同然です。彼と話していると情熱が伝わってきますし、それが選手にも伝わっていると思います。

マンチェスター・ユナイテッドのファンへメッセージをお願いします。
マンチェスター・ユナイテッドファンの皆さん、こんにちは、タイレルです。ここにいることに感謝し、皆さんのためにプレーすること、そしてこのバッジのついたシャツのためにプレーすることを楽しみにしています。

おすすめ: