マティッチ

ネマニャ「リヴァプール戦の準備は万端だ」

ネマニャ・マティッチは、リーグ優勝はマンチェスター・ユナイテッドが火曜の夜にターフムーアで実現したバーンリー戦でのような勝利を積み上げることで達成できると確信している。と同時にこの勝利で、レッズはプレミアリーグ優勝に現実的に絡んでいる手応えを得ているとも話した。

セルビア人MFの経験値は、バーンリー戦での勝利に欠くことのできないものだった。そして彼自身も、1-0で勝利をおさめたこの試合でチームが発揮したパフォーマンスに満足している。

日曜のリヴァプールとの頂上対決を控えてマティッチは、このチームであれば、タイトルを狙えるという現実的な手応えを得ていると話した。

「今日のような勝ち方ができるのは、タイトル争いをする準備ができていることを示している。チーム全体のパフォーマンスやスピリッツに満足している。日曜のリヴァプール戦も楽しみだね。これはイングランドで最注目のダービーマッチだ。最強チームの一角である彼らと戦うことで、自分たちの現在地も測れる。準備はできているよ」

無効となったハリーのゴール動画

バーンリー戦では、前半戦にはフラストレーションのたまる展開も少なくなかった。VAR判定も多発し、その一つではハリー・マグワイアのシュートが無効になった。

これらの逆風やバーンリー側のアグレッシブなスタイルに苦しんだレッズだったが、その状況の中で、後半戦に見せた成熟したプレーにマティッチは好印象を受けていた。マン・オブ・ザ・マッチにも選ばれたポール・ポグバの決勝点も生まれた。

「かつての僕たちは、できるだけ早くゴールを決めたくて、それが実現しないとパニックになる、そんな一面もあった。けれど今日(火曜)はもっと落ち着いた姿勢で臨めていた。

このチームにはクオリティーが結集している。そしてこのような展開の試合では、それを十分に利用する必要がある。パニックにならず、じっくり勝機を見極めることだ。なぜなら、そういったクオリティーがあれば、90分の試合の中のある瞬間に、結果を決め切るようなプレーができるからだ」


「このバーンリー戦では、僕たちがピッチの上で賢く立ち回れることを示せたと思う。こういった試合に勝つのは容易じゃない。それに、ロングボールやセットプレーから失点しないよう、しっかり準備してきた。だからこの勝ち点3にふさわしいプレーができたと思えるよ。

試合の前から予想していたとおりの展開になった。試合に入ってしまえば相手のプレーの仕方や状況にも対応する必要があるが、そういったことがきちんとできていた。

その一方で、自分たちに流れがある時には自分たちらしいサッカーができて、何度かチャンスも作れた。きっとみんなも満足していると思う。でもこの試合のことは早く忘れて、次の試合に向けて切り替えないとね」


ポグバの決勝点 vs バーンリー動画

ユナイテッドが首位に位置するのは、サー・アレックス・ファーガソン監督の時代以来だ。彼が2013年に引退してから、正月明けに首位についていたのは初めてのこと。マティッチは、17試合を終えてのこの成績には意味があると話した。

「17試合を終えて僕らは首位に立っている。それはひとつの成果だ。5、6試合のあとなら、ただのラッキーだと言えるかもしれないが、17試合をプレーした後でなら、ただのまぐれではない。これは自分たちの力を示したものだ。でもここで気を緩めたりはしない。最後までしっかり集中する。1試合1試合着実にね。フットボールの世界では、もっとも重要なのは次の試合だ。そして次戦はファイナル並のビッグマッチだ」

彼自身のパフォーマンスも傑出していたが、我らが背番号231は、ミッドフィールドの相棒、ポール・ポグバを称えた。

「ここ数試合、ポールは彼の成熟ぶりを発揮している。自分に必要とされたとおりのプレーができている。もしこのままのプレーを続けていければ、彼は世界でNo.1のミッドフィールダーになるだろうね。ピッチ上で彼は自分のクオリティーを存分に見せつけた。そしてリーダーシップもね。フィジカル的にも頭脳的にも、彼には持てる素質を存分に発揮してもらいたい。

いやでも、彼を褒めるのはこれくらいにしておくよ。図に乗るといけないからね(笑)!」とネマニャからはジョークも飛び出した。

「彼は素晴らしいよ。これからも1試合ずつ着実にやっていってほしい。次の一戦は超重要だしね」。

おすすめ: