チャンピオンズリーグ

2020-21シーズン、CL情報

マンチェスター・ユナイテッドは、プレミアリーグ最終節でレスター・シティーに勝利したことで、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場を決めた。

2-0でこの試合に勝利したことで3位でシーズンを終え、プレミアリーグの上位4チームに与えらえる来季のチャンピオンズリーグ出場権を手に入れた。

ここでは、すでに参戦が決まっているチームや抽選会の日程など、現時点で明らかになっている来季のチャンピオンズリーグについての情報をまとめた。

予選参加は必要?

かつては、プレミアリーグで3位のチームはチャンピオンズリーグの予選の最終ラウンドから参戦、という時代もあった。しかし現在は、プレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、セリエA、ブンデスリーガの上位4チームは自動的にグループリーグに参戦する32カ国に含まれる。

ちなみに、予選の第1ラウンドは8月8日からスタートする。最終ラウンドまで5回戦が行われ、9月30日に予選が終了する予定だ。


抽選会の日にちは?

32チームが出揃ったあと、10月1日にアテネでグループ分けの抽選会が行われる。もしレッズが2019-20シーズンのヨーロッパリーグに優勝すれば、自動的に第1ポッドに入ることになるだろう。そうでなければ第2ポッドになる可能性が高い。

グループリーグの初戦はいつから?

10月20、21日にグループリーグが開始し、12月9日に終了する。つまり、それまでの8週間のうち6週、レッズは週中に欧州カップ戦をこなすことになる。

すでに参戦が決定しているのは?

すでに決定しているのは24チーム。このあと最後の8チームが決定する。

イングランドからはリヴァプール、マンチェスター・シティー、チェルシー。スペインからはおなじみのレアル・マドリー、バルセロナ、アトレチコ・マドリー、セビージャ。イタリアからはユベントス、インテル・ミラノ、アタランタ、ラツィオ、ドイツからはバイエルン・ミュンヘン、ドルトムント、RBライプツィヒ、メンヘングラッドバッハ。その他、フランスからはパリ・サンジェルマンとマルセイユがすでに確定。ロシア、ポルトガル、ベルギー、ウクライナ、トルコのチームも参戦を決めている。

出場が決定している24チーム

イングランド:リヴァプール、マンチェスター・シティー、チェルシー、ユナイテッド
スペイン:
レアル・マドリー、バルセロナ、アトレチコ・マドリー、セビージャ
イタリア:ユベントス、インテル・ミラノ、アタランタ、ラツィオ
ドイツ:バイエルン・ミュンヘン、ドルトムント、RBライプツィヒ、メンヘングラッドバッハ
フランス:パリ・サンジェルマン、マルセイユ
ロシア:ゼニト・サンクトペテルスブルク、ロコモティフ・モスクワ
ポルトガル:ポルト
ベルギー:クラブ・ブルージュ
ウクライナ:シャフタール・ドネツク
トルコ:イスンタンブール・バシャクシェヒル

レッズのギアで応援しよう!2019-20シーズンのキットをセール価格で販売中。購入はこちらから。商品は在庫限りなのでお早めに。


おすすめ:

関連キーワード