click to go to homepage
キーン

バイオグラフィー

サー・アレックス・ファーガソン監督から、指導してきた中で最高の選手と称され、あらゆるサッカー選手やファンから崇拝を受けてきたロイ・キーンは、マンチェスター・ユナイテッドというクラブが持つ揺るぎない精神力と気力を象徴するプレーヤーだった。

ピッチの内外を問わず、キーンほど強力なリーダーシップを発揮したスポーツ選手は少なく、彼の偉大さは、2006年6月の引退前に行われた記念試合に、7万人を超えるユナイテッドとセルティックのファンが詰めかけたという事実がすべてを物語っていると言えるだろう。 チームメイトを鼓舞し、ピッチの中を縦横無尽に動き回るキーンのイメージは、1990年代のユ ナイテッドというチームをそのまま定義付けることになった。歯に衣着せぬ発言で知られ、チームメイトに対しても、自らが要求する高いレベルでのプレーができない場合は、容赦なく攻撃した。 アイルランドのコーク出身のキーンは、少年時代からイングランドでプレーすることを希望していたが、受け入れてくれるクラブが見つからず、母国のコーブ・ランブラーズで選手生活をスタートさせた。しかし、ブライアン・クラフ監督に見出され、ノッティンガム・フォレストへ移籍すると、1993年夏に当時の移籍金最高金額となる375万ポンドで、ユナイテッドへ加入した。 ホームデビューとなったシェフィールド・ユナイテッド戦でいきなり2ゴールを決め、チームの3-0の勝利に貢献。そのシーズンは結局プレミアシップで優勝を果たした。ユナイテッドでは合計7度のリーグ優勝を経験し、チャンピオンズリーグとインターコンティネンタルカップは1回ずつ、そしてFAカップは4回優勝した。 キーンは1997-98シーズンよりエリック・カントナからユナイテッドのキャプテンの座を受け継いだ。しかし、1997年9月のアウエーのリーズ・ユナイテッド戦でアルフ・インゲ・ハーランドのタックルを受け、ひざの前十字じん帯を負傷したため、そのシーズンは棒に振ってしまった。 翌98-99シーズンは、悲喜こもごもの経験をした。ユナイテッドはそのシーズンに歴史的なトレブル(3冠)を達成したが、FAカップ準決勝のアーセナルとの再試合で、キーンは退場処分になった。また、ユヴェントスと戦ったチャンピオンズリーグ準決勝第2戦でイエローカードを受けたため、キーンはユナイテッドが欧州王者に輝いたバルセローナでの決勝戦には、累積警告により出場できなかった。 しかし2000年には、イングランドの記者協会およびプロサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手に選ばれるなど、キーンはユナイテッドですばらしい成績を収めた。また、アイルランド代表としても70近くのキャップを誇る活躍を見せた。ただし、ミック・マカーシー監督との確執により、2002年ワールドカップでは、大会開幕前にチームを離脱するという事態が起き、キーンの代表キャリアもそこで終了したかに思われた。それでも、2004年5月には、ブライアン・カー監督のもと、劇的に代表復帰を果たした。だが、それも長くは続かず、2005年秋に、チームが2006年ワールドカップ本大会への出場権を逃すと、キーンも代表引退を発表した。 キーンは2005年9月18日のリヴァプールとのアウェーのリーグ戦で中足骨を骨折し、戦列を離れていたが、その年の11月19日、世間を揺るがす衝撃的な発表が行 われた。ユナイテッドはManUtd.comを通じて、キーンの退団を告げる声明文を公表。キーンはユナイテッドとの契約を直ちに終了させ、スコットランドのセルティックへ移籍することになった。 「これほど偉大なクラブ、そしてすばらしい監督のもとを去るのは悲しいが、新しい一歩を踏み出すべきときが来たと思っている」とキーンは語り、ユナイテッドを退団した。 一方、ファーガソン監督はキーンについて、「同世代の中で世界最高のMFであり、ユナイテッドの輝かしい歴史に名を残す偉大な選手の1人だ」と賛辞を述べた。 セルティックに加入したキーンは、チームのスコットランド・プレミアリーグおよびスコットランド・リーグカップの優勝に貢献し、2006年6月12日、医師の忠告に従い、現役引退を表明した。 引退後は2006年8月にサンダーランドの監督に就任すると、チームをチャンピオンシップの優勝に導き、プレミアシップへ昇格させている。

省略を読む About ロイ キーン
  • ポジション

    ミッドフィールダー

  • アイルランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v アーセナル(N)チャリティー・シールド

  • 退団

最新

ロブソン

逆転劇トップ5 Article

2試合で決着がつくヨーロッパでの試合で大逆転勝利を収めたトップ5を厳選。

バルサ

1984年の勝因は騒音? Article

元ユナイテッド監督のロン・アトキンソンが1984年の激闘を振り返った。

オーレ

ギグスからオーレにアドバイス! Article

ギグスがカンプノウでのバルセロナ戦についてオーレにアドバイス

ギグス

「ここはやっぱり最高だ」 Article

ライアン・ギグスがウェールズ代表を率いてAonトレーニング・コンプレックスに見参

ネマニャ

マティッチが代表戦を欠場 Article

ネマニャ・マティッチはセルビア代表の2試合を欠場

アレクシス

バルセロナ戦出場を願うアレクシス Article

アレクシス・サンチェスは、バロセロナとの対戦までに復帰できる可能性がある

أليكسيس سانشيز
アレクシス・サンチェス Inside United とのインタビューで 言う

「僕がどれほどフットボールを愛しているかということを、みんなに見せたい。ユナイテッドは、イングランドの中だけじゃなく、世界的にも重要な存在感があるクラブだ。僕はサポーターのみんなに、トロフィーを捧げたい」

أليكسيس
アレクシス・サンチェス Inside United とのインタビューで 言う

「子どもの頃からユナイテッドが好きだった。本当なんだ。まだほんのちっちゃい頃からね。だから、その気持ちをここでしっかり表現したい。そしてみんなを喜ばせたい。そしてもちろん、勝利を手に入れたい」

ショー

ショーが負傷により代表を離脱 Article

ルーク・ショーは負傷によりチェコ、モンテネグロとの試合を欠場する。

マルシャル

マルシャルが代表を離脱 Article

アントニー・マルシャル以外にも、代表を離れたユナイテッドの選手が。

マティッチ

挽回を信じるマティッチ Article

ネマニャ・マティッチは、FAカップ敗退からユナイテッドが学び、再び勢いに乗れると語った。

監督

選手たちにメッセージ Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督がインターナショナルブレークを挟む選手たちにメッセージを送った。

もっと見る