click to go to homepage
ピアソン

バイオグラフィー

戦時中は、ニューカッスル、ブライトン、クイーンズ・パーク・レンジャーズでゲストとしてプレーしていたが、1946年からはユナイテッドに復帰し、マット・バスビー監督のもと、インサイドFWとして頭角を現した。

1948年にFAカップで優勝したときは、チームの中心選手として活躍し(準決勝のダービー戦ではハットトリックをマークし、4-2で勝利した決勝のブラックプール戦でも1ゴールを挙げた)、1952年には41年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。 1946年から53年までの7シーズンにおいて、ファーストチームの試合を欠場したのは13ゲームだけで、正確で力強 いシュートを武器に、チームの要として存在感を発揮した。 1953-54シーズンにポジションをジャッキー・ブランチフラワーに奪われると、54年2月に4500ポンドでベリーへ移籍。その後はチェスターで選手兼監督として、40歳までプレーを続けた。引退後は、チェシャー州プレストベリーの副郵便局長を務めた。

省略を読む About スタン ピアソン
  • ポジション

    フォワード

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v チェスターフィールド(A)リーグ

  • 退団

最新

ユナイテッド

ラッシュフォード復調を表すスタッツ Article

ラッシュフォードのパフォーマンスを数字と共に分析。

リンデロフ

リンデロフがスパーズ戦で見せた真価とは? Article

リンデロフのプレースタイルは、時間とともに進化を遂げている

リンガード

リンガード「デ・ヘアが自信を与えてくれる」 Article

ジェシー・リンガードがダビド・デ・ヘアを称賛。

エレーラ

エレーラが明かすトッテナム戦の戦術 Article

アンデル・エレーラがスールシャール監督が用いた戦術を明かした。

マタ

「ダビドは素晴らしいGKであることを証明した」 Article

フアン・マタがトッテナム戦後にブログを更新した。

監督

トッテナム戦を総括 Article

スールシャール監督がウェンブリーでの勝利を振り返った。

オーレ

トッテナム戦直前チーム情報 Article

ポール・ポグバはトッテナム戦に出場可能な見込みであるとスールシャール監督が発言

ポグバ

月間MVPを喜ぶポグバ Article

ポグバが12月のクラブ月間最優秀選手賞について語った。

ドバイ

バイリーがアフリカ大陸ベスト11に選出 Article

エリック・バイリーが2018年のアフリカ大陸のベストイレブンに選出された

ドバイ

オーレ「自分たちを試すチャンス」 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、FAカップ4回戦のアーセナル戦について語った

マタ

「ドバイキャンプが力になる」 Article

フアン・マタがブログを更新。レディング戦、ミニキャンプについて綴った。

ポグバ

ポグバ不在の理由 Article

ポグバは後日ドバイキャンプに合流予定。

ドバイ

ドバイ合宿の狙いとは? Article

スールシャール監督が、週末のドバイ合宿の意図について語った

オーレ

レディング戦前チーム情報 Article

土曜のレディング戦に向けたチーム最新情報

マーカス

レジェンドから学ぶマーカス Article

ラッシュフォードはスールシャール等レッズのレジェンドから学んでいる

もっと見る