ピアソン

バイオグラフィー

戦時中は、ニューカッスル、ブライトン、クイーンズ・パーク・レンジャーズでゲストとしてプレーしていたが、1946年からはユナイテッドに復帰し、マット・バスビー監督のもと、インサイドFWとして頭角を現した。

1948年にFAカップで優勝したときは、チームの中心選手として活躍し(準決勝のダービー戦ではハットトリックをマークし、4-2で勝利した決勝のブラックプール戦でも1ゴールを挙げた)、1952年には41年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。 1946年から53年までの7シーズンにおいて、ファーストチームの試合を欠場したのは13ゲームだけで、正確で力強 いシュートを武器に、チームの要として存在感を発揮した。 1953-54シーズンにポジションをジャッキー・ブランチフラワーに奪われると、54年2月に4500ポンドでベリーへ移籍。その後はチェスターで選手兼監督として、40歳までプレーを続けた。引退後は、チェシャー州プレストベリーの副郵便局長を務めた。

省略を読む About スタン ピアソン
  • ポジション

    フォワード

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v チェスターフィールド(A)リーグ

  • 退団

最新

オーレ

オーレのゴール勘は健在 Article

リー・グラントがスールシャールのシュートセンスを絶賛

ユナイテッド

トレブルアイコン:ポール・スコールズ Article

ジダンが対戦した中で最もタフな選手がトレブル記念試合に出場。彼の1998-99シーズンを振り返る。

ユナイテッド

昨季のプレミアリーグ最速選手が決定 Article

Optaのデータにより、2018-19シーズンのプレミアリーグ最速選手が確定。1位はマンチェスター・ユナイテッドのアノ選手だった。

ユナイテッド
キーラン・マケンナ 言う

今のスタッフは、幅広い経験を持っている。自分、オーレ、マイク、マイケル、デンプス、エミリオは、それぞれが全く異なるバックグラウンドを持っている。お互いに足りない部分を補い合えているし、それぞれが異なるものをもたらしている。

ユナイテッド

マケンナ「ユナイテッドのコーチは、お互いに足りない部分を補い合えている」 Article

ユナイテッドファンでもあるキーラン・マケンナが、オーレ・グンナー・スールシャール監督のスタッフの一員であることについて語った。

ヨーク

ヨーク「記念試合は素晴らしい1日になる」 Article

ドワイト・ヨークが、来週日曜に行われる記念試合について語った。

ペレイラ

レジェンドがアンドレアスに助言 Article

ニッキー・バットが、アンドレアス・ペレイラにアドバイスを送った。

ゴメス
オーレのシーズン閉幕特別インタビュー第2回
オーレ・グンナー・スールシャール 言う

「1年間他のクラブで修行し、たくましくなって戻ってくる例もたくさんある。彼らについてどういう戦略をとるかはについてはおいおい決めるが、ほとんどはここに残ることになるのではないかと思う」

スールシャール

監督が今シーズンから学んだこと Article

ユナイテッドの監督としてシーズン後半から指揮を執った経験を、監督が語った。

エレーラ

エレーラ「リーグ優勝は夢だった」 Article

アンデル・エレーラが、ユナイテッドでやり残したことを明かした

アクセル

若手の活躍に期待するオーレ Article

スールシャール監督が、レンタル中のトゥアンゼベとヘンダーソンについて話した

また

マタ「振り返り、分析するとき」 Article

フアン・マタが今季最後のブログで、エレーラとバレンシアについて語った

ユナイテッド

監督がカーディフ戦を総括 Article

スールシャール監督が、今シーズン最終戦を振り返った。

バレンシア

オールド・トラッフォードに別れを告げたバレンシア Article

キャプテンのアントニオ・バレンシアが、ユナイテッドでのラストゲームに出場した。

もっと見る