ピアソン

バイオグラフィー

戦時中は、ニューカッスル、ブライトン、クイーンズ・パーク・レンジャーズでゲストとしてプレーしていたが、1946年からはユナイテッドに復帰し、マット・バスビー監督のもと、インサイドFWとして頭角を現した。

1948年にFAカップで優勝したときは、チームの中心選手として活躍し(準決勝のダービー戦ではハットトリックをマークし、4-2で勝利した決勝のブラックプール戦でも1ゴールを挙げた)、1952年には41年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。 1946年から53年までの7シーズンにおいて、ファーストチームの試合を欠場したのは13ゲームだけで、正確で力強 いシュートを武器に、チームの要として存在感を発揮した。 1953-54シーズンにポジションをジャッキー・ブランチフラワーに奪われると、54年2月に4500ポンドでベリーへ移籍。その後はチェスターで選手兼監督として、40歳までプレーを続けた。引退後は、チェシャー州プレストベリーの副郵便局長を務めた。

省略を読む About スタン ピアソン
  • ポジション

    フォワード

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v チェスターフィールド(A)リーグ

  • 退団

最新

ユナイテッド

マクトミネイ「もっと努力が必要」 Article

スコット・マクトミネイがウェストハム戦を振り返った。

ユナイテッド

監督がウェストハム戦を総括 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督がウェストハム戦を振り返った。

ユナイテッド

ラッシュフォードが負傷 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、マーカス・ラッシュフォードに関する情報を提供。

ユナイテッド

リンデロフ独占インタビュー Article

マンチェスター・ユナイテッドとの契約を更新したビクトル・リンデロフが今後の抱負を語った。

ネマニャ

ネマニャ「キャプテンは光栄」 Article

アスタナ戦でキャプテンを務めたネマニャ・マティッチが感想を語った

ユナイテッド

監督がアスタナ戦を総括 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、ヨーロッパリーグ初戦を振り返った。

ユナイテッド

グリーンウッドがクラブ新記録を樹立 Article

1-0で勝利したアスタナ戦の注目ポイントを振り返る。

エヴア

エヴラ「ユナイテッドは家族」 Article

パトリス・エヴラが近況や現役時代のエピソードを語った

リンデロフ

リンデロフが契約更新 Article

リンデロフが契約延長にサイン

オーレ

アスタナ戦出場確定の3選手 Article

オーレがアスタナ戦先発予定の3人を明かした

オーレ

アスタナ戦前けが人状況 Article

水曜の練習を休んだダニエル・ジェームズなど、けが人についての最新情報をオーレが明かした

ユナイテッド

デ・ヘアが新契約にサイン Article

ユナイテッドの正GKが新契約にサイン。彼には、オールド・トラッフォードでやることが残っている。

ユナイテッド

監督がレスター戦を総括 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が大きな勝ち点3を獲得した一戦を振り返った。

ユナイテッド

レスター戦5つのポイント Article

1-0で勝利したレスター戦のポイントを振り返る。

ユナイテッド

ユナイテッド 1-0 レスター Article

マーカス・ラッシュフォードのPKが決勝点となって勝ち点3を獲得。

もっと見る