ピアソン

バイオグラフィー

戦時中は、ニューカッスル、ブライトン、クイーンズ・パーク・レンジャーズでゲストとしてプレーしていたが、1946年からはユナイテッドに復帰し、マット・バスビー監督のもと、インサイドFWとして頭角を現した。

1948年にFAカップで優勝したときは、チームの中心選手として活躍し(準決勝のダービー戦ではハットトリックをマークし、4-2で勝利した決勝のブラックプール戦でも1ゴールを挙げた)、1952年には41年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。 1946年から53年までの7シーズンにおいて、ファーストチームの試合を欠場したのは13ゲームだけで、正確で力強 いシュートを武器に、チームの要として存在感を発揮した。 1953-54シーズンにポジションをジャッキー・ブランチフラワーに奪われると、54年2月に4500ポンドでベリーへ移籍。その後はチェスターで選手兼監督として、40歳までプレーを続けた。引退後は、チェシャー州プレストベリーの副郵便局長を務めた。

省略を読む About スタン ピアソン
  • ポジション

    フォワード

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v チェスターフィールド(A)リーグ

  • 退団

最新

ユナイテッド

マーカスが絶好調の理由 Article

マンチェスターダービーで先制点を決めたマーカス・ラッシュフォードが、最近の状態の良さについて言及した。

ユナイテッド

オーレ「選手に相応しい結果」 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督がマンチェスターダービーを振り返った。

オーレ

ダービー前チーム情報 Article

マンチェスター・シティー戦に向けたチーム情報

スコット

オーレ「スコットはサー・アレックスのチームでもやれる」 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督がスコット・マクトミネイを賞賛

スコット

スコット「きらめくようなプレー」 Article

スパーズ戦でのレッズの戦いぶりに感銘を受けたマクトミネイ

ユナイテッド

マルシャルが負傷 Article

アントニー・マルシャルがトッテナム戦を欠場した理由を監督が明かした。

ユナイテッド

トッテナム戦ハイライト video

マーカス・ラッシュフォードの2ゴールにより、2-1で勝利。

ユナイテッド

オーレ「我々のベストパフォーマンス」 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督がスパーズ戦を振り返った。

ユナイテッド

ユナイテッド 2-1 トッテナム Article

マーカス・ラッシュフォードの2点により、トップ6の好敵手スパーズにオールド・トラッフォードで勝利。

ユナイテッド

オーレ「明確なビジョンがある」 Article

オーレにはプラン、夏までにチームがどうなっているかのアイディアがある。

ユナイテッド

オーレ「今週でシーズンが決まるわけではない」 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督がトッテナム戦、シティー戦について言及した。

ユナイテッド

トッテナム戦直前チーム情報 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が最新チーム情報を明かした。

ユナイテッド

守備にフラストレーションを溜めるマグワイア Article

ハリー・マグワイアがアストン・ヴィラ戦を振り返った。

ユナイテッド

監督がヴィラ戦を総括 Article

ホームで勝ち点1の獲得に終わった試合を監督が振り返る。

アクセル

トゥアンゼベの先発を示唆 Article

スールシャールがアストン・ヴィラ戦でのトゥアンゼベの先発出場を示唆した

もっと見る