click to go to homepage
ピアソン

バイオグラフィー

戦時中は、ニューカッスル、ブライトン、クイーンズ・パーク・レンジャーズでゲストとしてプレーしていたが、1946年からはユナイテッドに復帰し、マット・バスビー監督のもと、インサイドFWとして頭角を現した。

1948年にFAカップで優勝したときは、チームの中心選手として活躍し(準決勝のダービー戦ではハットトリックをマークし、4-2で勝利した決勝のブラックプール戦でも1ゴールを挙げた)、1952年には41年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。 1946年から53年までの7シーズンにおいて、ファーストチームの試合を欠場したのは13ゲームだけで、正確で力強 いシュートを武器に、チームの要として存在感を発揮した。 1953-54シーズンにポジションをジャッキー・ブランチフラワーに奪われると、54年2月に4500ポンドでベリーへ移籍。その後はチェスターで選手兼監督として、40歳までプレーを続けた。引退後は、チェシャー州プレストベリーの副郵便局長を務めた。

省略を読む About スタン ピアソン
  • ポジション

    フォワード

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v チェスターフィールド(A)リーグ

  • 退団

最新

監督

ヤングボーイズ戦を総括 Article

ダロト、ショー、ポグバらのパフォーマンスを監督が振り返った。

ジョゼ

「ヤングボーイズ戦は重要」 Article

チャンピオンズリーグ初戦前に監督がインタビューに答えた。

ラッシュフォード

最新チーム情報 Article

ヤングボーイズ戦前のチーム情報をチェック

クリス
クリス・スモーリング 言う

「ここから連戦になるけれど、このアウェー2連勝で良い流れができたと感じているよ」

スモーリング

スモーリング「ここが勝負時だ」 Article

チャンピオンズリーグ初戦のヤングボーイスに向け、スモーリングは良い流れを引き寄せていると感じている

ショー

ヤングボーイズ戦前チーム情報 Article

チャンピオンズリーグ初戦のヤングボーイズ戦ではルーク・ショーを先発させるとモウリーニョが明言

エレーラ

エレーラがCLの対戦相手を分析 Article

アンデル・エレーラがチャンピオンズリーグの対戦相手を分析

ベッカム

アシストキング Article

トレブルを達成した1998-99シーズンのCLでデイヴィッド・ベッカムが10試合で8アシストをマーク。

監督

ワトフォード戦を総括 Article

モウリーニョ監督がアウェイでのワトフォード戦を振り返った。

マーカス
ジョゼ・モウリーニョ 言う

「私が率いたこの2シーズンで、彼は合計105試合、5744分間プレーした。フル出場に換算すると63.7試合、そこには5回の決勝戦も含まれる。最高峰レベルのコンペティションで、確固たる時間数プレーしている」

Marcus Rashford
ジョゼ・モウリーニョ 言う

「朝起きてすぐに考えることはジョゼ・モウリーニョ、という人もいることだろう。そしてマーカスを土曜の試合で起用しなかったことで、私は手痛く批判されるかもしれない。しかしそれは私の落ち度ではない」

マーカス

ジョゼ「ラッシュフォードは重要な選手」 Article

ジョゼがラッシュフォードの重要性を力説

ぺレイラ

歴史的代表デビュー Article

アンドレアス・ぺレイラが100年以上ぶりに国外で生まれた選手としてブラジル代表デビューを飾った。

バレンシア
2018-19:キャプテンの誇り
アントニオ・バレンシア 言う

アメリカでのプレシーズンでユナイテッドのキャプテンを務めた。誇らしい気持ちでチームを引っ張ったよ。

もっと見る