click to go to homepage
Stan Pearson.

スタン
ピアソン

  • 出場回数
    343
  • 総ゴール
    148

バイオグラフィー

戦時中は、ニューカッスル、ブライトン、クイーンズ・パーク・レンジャーズでゲストとしてプレーしていたが、1946年からはユナイテッドに復帰し、マット・バスビー監督のもと、インサイドFWとして頭角を現した。

1948年にFAカップで優勝したときは、チームの中心選手として活躍し(準決勝のダービー戦ではハットトリックをマークし、4-2で勝利した決勝のブラックプール戦でも1ゴールを挙げた)、1952年には41年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。 1946年から53年までの7シーズンにおいて、ファーストチームの試合を欠場したのは13ゲームだけで、正確で力強 いシュートを武器に、チームの要として存在感を発揮した。 1953-54シーズンにポジションをジャッキー・ブランチフラワーに奪われると、54年2月に4500ポンドでベリーへ移籍。その後はチェスターで選手兼監督として、40歳までプレーを続けた。引退後は、チェシャー州プレストベリーの副郵便局長を務めた。

省略を読む About スタン ピアソン
  • ポジション

    フォワード

  • English

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v チェスターフィールド(A)リーグ

  • 退団

最新

ブリント

アヤックス復帰に関し合意 Article

クラブは、アヤックスとデイリー・ブリントの復帰に関して合意したことを明かした。

ポグバ

W杯でポグバが残したスタッツ Article

7つの項目でフットボール史に名を刻んだポール・ポグバ。

Paul Pogba
言う

ポグバがクロアチア戦で決めたゴールは、1982年大会でイタリアのマルコ・タルデッリがドイツ戦で記録して以来初となる、W杯決勝でのボックス外からの得点だった。

Paul Pogba.
言う

ポグバはユナイテッド史上初となるW杯決勝でゴールを決めた選手となった。また、プレミアリーグでプレーする選手としても、エマニュエル・プティ以来初のW杯決勝でのスコアラーに。

Paul Pogba
言う

ポグバはボビー・チャールトン、ノビー・スタイルズ、ジョン・コネリーに次いでW杯優勝を成し遂げたユナイテッド史上4人目の選手。

Paul Pogba
言う

ポグバは代表での60試合で10ゴールに到達。6試合ごとに1ゴールを決めている計算になる。

Paul Pogba.
言う

ポグバはW杯での7試合中6試合で先発出場(デンマーク戦は休養のため不出場)し、出場分数は539分に上った。

Paul Pogba.
言う

ポグバが今大会に記録した走行距離は58.2kmに。ポゼッション保持時は19.8kmだった。

Paul Pogba
言う

ポグバは、決勝でキリエン・ムバッペのゴールに繋がったパスを含め、今大会で296本中245本のパスを成功させた。

ポグバ

ポグバの仏が世界一に Article

クロアチアとの決勝でゴールを決めたポグバが母国フランスの優勝に貢献。おめでとう!

ポグバ

ポグバに称賛の雨あられ Article

素晴らしいパフォーマンスを続けているポールを、フットボール界のビッグネームたちが称賛

アレクシス

9年ぶりのフル休暇 Article

ユナイテッドの7番は、完全休養を経てAonトレーニングコンプレックスに戻ってきた。

ポグバ

フランス代表のポグバが決勝進出 Article

ポグバ擁するフランス代表が、マルアン・フェライニとロメル・ルカクのベルギーを1-0で破り決勝進出を決めた。

もっと見る